御 - 漢字私註

説文解字

御
使馬也。从
彳部
馭
古文御从

康煕字典

部・劃數
彳部八劃
古文
𢓷
𢕜

『唐韻』『集韻』『類篇』牛據切『韻會』『正韻』魚據切、𠀤音禦。『說文』使馬也。《徐鍇曰》卸解車馬也。从彳从卸、皆御者之職。『詩・小雅』徒御不驚。

又『正韻』統也。『賈誼・過秦論』振長策而御宇內。

又『韻會』凡天子所止曰御。前曰御前、書曰御書、服曰御服、皆取統御四海之內。『蔡邕・獨斷』御者、進也。凡衣服加於身、飮食適於口、妃妾接於寢皆曰御。『釋名』御、語也。尊者將有所欲、先語之也。亦言職𤰞、尊者有所勤御、如御牛馬然也。『禮・王制』千里之內以爲御。《註》御謂衣食。《疏》御是進御所須、故爲衣食。

又『廣韻』侍也、進也。『詩・小雅』飮御諸友。《傳》御、進也。《箋》御、侍也。吉甫遠從鎬地來、飮之酒、使諸友侍之。

又『正韻』勸侑也。『禮・曲禮』御食于君。《註》勸侑曰御。

又主也。『禮・曲禮』問大夫之子、長曰能御矣、幼曰未能御也。《註》御猶主也。《疏》謂主事也。

又禦也。『詩・邶風』我有旨蓄、亦以御冬。

又傅御、日御、御史、𠀤官名。『詩・大雅』王命傅御、遷其私人《箋》傅御貳王治事、謂冢宰也。『左傳・桓十七年』天子有日官、諸侯有日御。《註》日官、日御、典曆數者。『前漢・百官表』御史大夫秦官、位上卿、秩千石、有繡衣直指。『後漢・百官志』侍御史掌察舉非法、受公卿郡吏奏事、有違失、劾舉之。凡郊廟朝會、則二人監威儀、有違失、則劾奏。

又女官。『周禮・天官・女御』掌御敘于王之燕寢。『周語』內官不過九御。

又姓。『正字通』周有御鞅。

又『類篇』偶舉切、馭上聲。止也。『左傳・襄四年』季孫不御。《註》御、止也。『釋文』御、魚呂反。

又魯邑名。『左傳・襄二十二年』雨過御叔、御叔在其邑。《註》御叔、魯御邑大夫。『釋文』御、魚呂反。

又御龍、複姓。『史記・夏本紀』劉累學擾龍、以事孔甲、孔甲賜之姓、曰御龍氏。

又『集韻』魚駕切、牙去聲。相迎也。『詩・召南』百兩御之。《箋》御、迎也。『禮・曲禮』君命召、雖賤人、大夫士必自御之。『集韻』或作迓。

部・劃數
彳部七劃

『集韻』古作𢓷。註詳八畫。

部・劃數
彳部十一劃

『集韻』古作𢕜。註詳八畫。

異體字

初文(甲骨文)の隸定形。

音訓・用義

(1) ギョ(漢) ゴ(呉) 〈『廣韻・去聲・御・御』牛倨切〉
(2) ガ(漢) 〈『集韻』魚駕切、牙去聲〉
(1) もちゐる。をさめる。はべる。すすめる。ふせぐ。お。おん。おほん。み。
(2) むかへる

支那では天子の事についての敬稱に用ゐるが、本邦では廣く敬語に用ゐる。

解字

白川

形聲。聲符は。卸は御の初文。卜辭や金文には多く卸の形を用ゐる。字はもととに從ひ([⿰午卩]の形)、午は杵形の呪器。これを拜(卩)して神を降ろし迎へ、邪惡を防いだ。ゆゑに「むかふ」「ふせぐ」が字の初義。卜辭に「れをもちゐよ」、金文に「まつりもちゐる」「きみつかふ」のやうにいふ。神聖を迎へ、神聖に仕へる意であつたので、のちにも凡て尊貴の人に關して用ゐる語となつた。

説文解字に馬を使ふなり。彳に從ひ、卸に從ふ。として古文の字を擧げるが、御と馭は別字。

説文解字はまた卸字條に車をてて馬を解くなり。卩、止、午に從ふ。とし、馬より下りる意とするが、初形は午と卩、杵を拜跪する形、すなはち神降ろしの形。のち卸と御とは別の字となつた。

藤堂

(足)と(ゆく)と音符[⿰午卩]の會意兼形聲。原字の[⿰午卩]は(杵)と(人)の會意字で、堅い物を杵で搗いて柔らかくするさま。御は、馬を穩やかにならして行かせることを示す。つきならす意から、でこぼこや阻害する部分を調整して、うまくをさめる意となる。

落合

の甲骨文は、を意符、を聲符とする形聲字([⿰午卩]の形)。

甲骨文で御使、茲御など「もちゐる」の義にも用ゐ、御と釋する。

金文で、進行を意味する足の形のと道の形のを加へて、御の字形となる。

詳細は禦字條を參照のこと。

漢字多功能字庫

甲骨文はに從ひ聲。午は杵の初文。卩は跪坐する人の形の側面を象る。人が杵を持ち事を治むる形に象り(季旭昇)、本義は治理。

金文はを加へ、道路の中に在る形を象る。舊説では、午は手綱、馬策を象り、人が馬策を持つさまと解け、本義は馭馬といふ(孫海波、羅振玉)。按ずるにの本義は馬を馭すこと。

甲骨文では祭名、地名、方國名に用ゐ、また禦ぐことを表し、「御羌方」は羌族の侵入を禦ぐこと。

金文では用義が六つある。

屬性

U+5FA1
JIS: 1-24-70
當用漢字・常用漢字
𢓷
U+224F7
𢕜
U+2255C

関聯字

御聲の字