拄 - 漢字私註

康煕字典

部・劃數
手部五劃

『正韻』腫庾切、音主。牚也、支也。『禮・喪大記』旣葬拄楣。《疏》拄楣稍舉、以納日光。『戰國策』齊嬰兒謠曰、大冠若箕、脩劒拄頤。『前漢・西域傳』車師後王姑句、以道當爲拄置、心不便也。《註》言有所置立、而支拄於巳、故心不便也。

又刺也、距也。一曰從旁指也。『前漢・朱雲傳』五鹿充宗爲梁丘易、雲入論難、連拄五鹿君。

又『唐韻』知庾切『集韻』『韻會』冢庾切、𠀤音𪐴。義同。亦通作

音訓

チュウ(漢、呉) 〈『廣韻・上聲・麌・拄』知𢈔切〉
ささへる

解字

藤堂

と音符の會意兼形聲。主は、燈心がじつと立つて燃えるさま。拄は、杖や棒をじつと立てること。

屬性

U+62C4
JIS: 1-84-73