於 - 漢字私註

説文解字

於
の重文第二。あるいは𡖗に作る。
象古文烏省。
烏部

康煕字典

部・劃數
方部四劃
古文
𣱏
𤕘

『唐韻』哀都切『集韻』『韻會』『正韻』汪胡切、𠀤同烏。『韻會』隷變作於。古文本象烏形、今但以爲歎辭及語辭字、遂無以爲鴉烏字者矣。

又『爾雅・釋詁註』於乎皆語之韻絕。《疏》歎辭也。『書・堯典』僉曰、於、鯀哉。『詩・周頌』於穆淸廟。又『周頌』於乎不顯。○按或作、音義皆同。

又『廣韻』央居切『集韻』『韻會』『正韻』衣虛切、𠀤音淤。語辭也。『博雅』於、于也。○按『說文』于訓於也、蓋於古通用。凡經典語辭皆作于。

又『廣韻』居也。『韓愈・示兒詩』前榮饌賓親、冠昏之所於。『朱子・考異』所、或作依。○按所於作依於、則是依之以居也。【孔融書】舉杯相於。【曹植樂府】心相於。【杜甫詩】良友幸相於。卽相依以居之意。

又『揚子・太玄經』白舌於於。《註》多難貌。

又『廣韻』代也。『集韻』往也。

又地名。『戰國策』商於之地六百里。

又姓。『姓氏急就篇』黃帝臣於則造履。『前漢・功臣表』涉安侯於單。

部・劃數
氏部九劃

『玉篇』古文字。註詳方部四畫。

部・劃數
父部九劃

『五音集韻』古文字。註詳方部四畫。

部・劃數
手部四劃

字。

異體字

或體。

音訓

(1) オ(呉) ヨ(漢) 〈『廣韻・上平聲・魚・於』央居切〉
(2) ウ(呉) ヲ(漢) 〈『廣韻・上平聲・模・烏』哀都切〉
(1) おいて。おける。に。にて。より。
(2) ああ

解字

白川

説文解字にの古文としてこの字形を出してゐるが、字形についての説明はない。

金文の字形は、烏の羽を解いて繩に掛け渡した形。烏も死烏を懸けた形で、いづれも鳥害を避けるためのもの。その鳥追ひの聲を感動詞に用ゐた。金文に「烏虖」や於の初文を感動詞に用ゐる。

藤堂

(旗)と二印(重なつて止まる)の會意。じつとつかへて止まることを示す。

但し、ああと鳴くからすを烏といふのと同じく、於もまたああといふ感嘆詞に當てる。

説文解字はからすの形の變形であるとする。

漢字多功能字庫

甲骨文にはただがあつて於字はない。於はから分化した字で、後に音が近いことから借用して于となした。

金文の於は西周晩期に初めて見え、字は鳥の形を象り、烏の省文。高鴻縉は、烏は鳥が橫向きに立つ形を象り、於は鳥の飛ぶさまを象るとする。噩君啓舟節の於字と説文解字の烏の古文は相近い。於と烏は同じく、嘆詞に用ゐる。

於はまた音が近いことから借用して介詞の于となす。

于の上古音は匣母魚部、於は影母魚部。兩者はただ開合口のみが異なる(參・郭錫良)。西周晩期以前の金文は多く于字を用ゐ、春秋以後は多く於字を用ゐる。

このほか、於は人名に用ゐる。越王者旨於賜矛など。

屬性

U+65BC
JIS: 1-17-87
人名用漢字
𣱏
U+23C4F
𤕘
U+24558
U+6275
𡖗
U+21597

関聯字

於聲の字