弋 - 漢字私註

説文解字

弋
橜也。象折木衺銳著形。从𠂆、象物挂之也。
十二𠂆部

康煕字典

部・劃數
部首

『唐韻』與職切『集韻』『韻會』逸職切、𠀤音翊。『玉篇』繳射也。『韻會』弋、繳射飛鳥也。『周禮・夏官・司弓矢』矰矢、茀矢用諸弋射。『冬官・考工記』弓人爲弓、往體多、來體寡、謂之夾庾之屬、利射侯與弋。『詩・鄭風』弋鳧與鴈。《疏》弋謂以繩繫矢而射也。『列子・湯問篇』蒲且子之弋也。弱弓纖繳、乗風振之、連雙鶬於靑雲之際。《註》蒲且子、古善弋射者。

又左弋、官名。『前漢・百官表』少府屬有左弋。太初元年、更名爲佽飛、掌弋射。

又『韻會』弋、取也。『書・多士』非我小國、敢弋殷命。《註》弋、取也。《疏》弋、射也。射而取之、故弋爲取也。

又『玉篇』橛也。所以挂物也。『爾雅・釋宫』雞棲於弋爲榤。《疏》弋、橜也。『玉篇』一作。又『釋宮』樴謂之杙。《註》橜也。

又黑色。『前漢・文帝紀贊』身衣弋綈。《註》如淳曰、弋、皁也。師古曰、弋、黑色也。

又水名。『隋書・地理志』鄱陽郡弋陽縣、舊曰葛陽、有弋水。

又縣名。『後漢・郡國志』北地郡弋居縣。

又國名。『前漢・𨻰湯傳』南排、月氏、山離、烏弋。《註》山離、烏弋、去中國二萬里。『揚雄・長楊賦』登南山瞰烏弋。又『後漢・西域傳』栗弋、國屬康居、出名馬蒲萄酒、特有名焉。

又無弋、羌部名。『後漢・西羌傳』羌無弋爰劒者、秦厲公時爲秦所拘執、以爲奴隸、後得亡歸。羌人以奴爲無弋、以爰劒嘗爲奴隸、故因名之。

又姓。『姓苑』出河東。今蒲州有弋氏。『詩・鄘風』美孟弋矣。《註》弋、姓也。

又與㚤通。『韻會』㚤、婦官。通作弋。漢有鉤弋夫人。『前漢・外戚傳』孝武鉤弋趙倢伃。武帝巡狩過河閒、使使召之。旣至、女兩手皆拳、上自披之、手卽時伸。號曰拳夫人、居鉤弋宮。

音訓

ヨク(漢) イキ(呉) 〈『廣韻・入聲・職・弋』與職切〉
いぐるみ。くひ。とる。くろい。

解字

白川

象形。いぐるみの矢の形に象る。その矢に紐をつけた形は弔で、繳の初文。

『説文解字』に橜なり。折木のななめに銳く著く形に象る。𠂆に從ふ。物の之にかかるに象るなり。とあり、鋭く打ち込んだ杙の形であるとするが、字は弋射の象。

叔の音で讀み、金文に伯叔、また淑善の意に用ゐる。

藤堂

象形。上端に叉のついた棒杙を描いたもので、棒杙の形をした矢に紐をつけて放つので弋射のこととなり、獲物を絡め取る意ともなつた。の原字。

落合

くひの象形で、その初文。

甲骨文では、地名またはその長を表す。第一期(武丁代)には領主を小臣弋と呼ぶ例もある。《合集補編》1965戊午卜㱿貞、令戉弋沚、其遘。

を加へた杙字は古文に初出。

漢字多功能字庫

甲骨文は橛杙(くひ)の形に象り、木樁(木のくひ)のこと。金文の字形は簡化され、橛杙の中間を充塡するか否かに區別はない。小篆の字形は變形した後の形。『説文解字』はまた弋と柲の象形初文を誤つて混ぜて一字としてゐる。

甲骨文の弋は讀んで代となし、代替を表す。《合補》2425正+2427丁未卜、鼎(貞)、令韋弋(代)亯𠬞牛。韋や亯は人名、𠬞は供奉を表す。韋に命じて亯の代はりに(祭祀の時に)牛を奉ぜしむの意。戰國竹書にもこの種の用法がある。《清華壹・金縢》簡14背周武王又(有)疾周公所自以弋(代)王之志。

金文での用義は次のとほり。

傳世古書では多くを以て橛杙の弋を表す。『玉篇・弋部』弋、橛也、所以挂物也。今作杙。杙は弋の後起の字と見ることができて、弋に表意の偏旁のを加へたもの。橛杙を表す杙と栻を一字と見る必要はない(裘錫圭)。

弋はまた繩をつけた矢(繳; いぐるみ)による狩獵を表す。

屬性

U+5F0B
JIS: 1-55-21

関聯字

弋に從ふ字

弋聲の字