炫 - 漢字私註

説文解字

炫
燿燿也。从聲。
説文解字注は初句を爓燿也。とする。
火部

康煕字典

部・劃數
火部五劃

『廣韻』黃練切『集韻』『韻會』『正韻』熒絹切、𠀤音眩。『玉篇』耀光也。『廣韻』明也。『戰國策』炫熿于道。

又『廣韻』火光也。

又『唐韻』胡畎切、音𥌭。『說文』爓耀也。

音訓

グヱン(呉) クヱン(漢) 〈『廣韻・去聲・霰・縣』黃練切〉
ひかる。かがやく。あきらか。まぶしい。てらふ。ほこる。

解字

白川

形聲。聲符は

説文解字に爓燿するなりとあり、光りかがやくことをいふ。

藤堂

と音符(細かい物がちらつく、はつきり見えない)の會意兼形聲。

漢字多功能字庫

に從ひ聲。本義は、(明るい)光、照り輝くこと。漢・司馬相如〈長門賦〉五色炫以相曜兮、爛耀耀而成光。

また艷麗(鮮やかで美しい、艷やかに美しい、目が覺めるが如しの意)を表す。宋・秦觀〈蔡氏哀詞〉顏色炫而未暮兮、所天忽以殞殂。

また惑はすことを指す。清・和邦額『夜譚隨錄・碧碧』至若此之窮妖極豔、炫人心目者、實為乍睹。

屬性

U+70AB
JIS: 1-87-39