嘰 - 漢字私註

説文解字

嘰
小食也。从聲。
口部

康煕字典

部・劃數
口部十二劃

『唐韻』居衣切『集韻』『韻會』居希切、𠀤音機。『說文』小食也。

又『玉篇』嘰、唏也。紂爲象箸、而箕子嘰。『史記・十二諸侯年表』作唏。『淮南子・繆稱訓』號而哭、嘰而哀、而知聲動矣。

又『廣韻』口醜。

又『集韻』渠希切、音祈。『司馬相如・大人賦』噍咀芝英兮、嘰瓊華。《註》徐廣曰、嘰音祈、小食也。

又『集韻』巨至切、音曁。義同。

音訓・用義

キ(漢) 〈『廣韻・上平聲・微・機』居依切〉
つづしる: 少しづつ物事をする。ぽつりぽつりする。多く、物を食べたり口遊んだりする動作をいふ。(北原保雄篇『全訳古語例解辞典』(小学館))
なげく

嗶嘰とは、毛織物の名。サージ(serge)。

解字

藤堂

と音符の會意兼形聲。幾は、小さい、少ないなどの意を含む。

屬性

U+5630
JIS: 2-4-32

関聯字

叽を嘰の簡体字として用ゐる。