糂 - 漢字私註

説文解字

以米和羹也。一曰粒也。从聲。
米部
籒文糂从朁。
古文糂从參。

康煕字典

部・劃數
米部九劃
古文

『廣韻』『集韻』𠀤桑感切、音䊉。『說文』以米和羹也。一曰粒也。『荀子・宥坐篇』藜羹不糂。

又『篇海』糂、雜也。

又糂䊤、滓也。

部・劃數
米部十一劃

『廣韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤桑感切、音𢕕。『說文』古文糂作糝、以米和羹也。一曰粒也。『周禮・天官』羞豆之實、酏食糝食。《註》取牛羊豕之肉、三如一、小切之、與稻米二肉一合以爲餌、煎之。『莊子・山木篇』孔子窮于陳、蔡之閒、七日不火食、藜羹不糝。『釋名』糝、𪏮也、相黏𪏮也。

又『篇海』雜也。『周禮・天官疏』列國之諸侯大射、大侯九十弓、糝侯七十弓、豻侯五十弓。糝侯者、糝雜也。豹鵠而麋飾下天子大夫。

又『類篇』蘇含切、音三。『正韻』桑錦切、音沁。義𠀤同。

部・劃數
米部十二劃

。『說文』糂籀文从朁。

音訓・用義

サム(漢)
こながき。まじる。こめつぶ。

こながきとは、羹に米、米粉を混ぜたもののこと。或は牛羊豚の肉と米を混ぜて煎つたものともいふ。

本邦で、糂粏ジンダとは、糠味噌のことをいふ。

本邦で、糝粉しんことは、粳米の粉のことをいひ、粒の細かいものを上糝粉(上新粉)といふ。

解字

藤堂

糂は形聲字。に從ひ聲。

糝は會意兼形聲字。米と參(まぜる)に從ひ、參亦聲。

漢字多功能字庫

糝はに從ひ參。本義は米を羹と和したもの。『禮記・內則』和糝不蓼。陳澔集說宜以五味調和米屑為糝、不須加蓼、故云和糝不蓼也。

また米粒、飯粒を表す。唐・秦韜玉〈春雪〉雲重寒空思寂寥、玉塵如糝滿春朝。

また、ばらばらな粒を表す。唐・韓愈〈送無本師歸范陽〉始見洛陽春、桃枝綴紅糝。

また、散り落ちる、撒く、撒き散ることを表す。晉・葛洪『抱樸子・酒誡』唯患飛埃之糝目、而不覺飆風之所為也。

また、混和を指す。宋・蘇軾『格物粗談・瓜蓏』冬瓜切碎者、以石灰糝之則不爛。

屬性

U+7CC2
JIS: 1-68-83
U+7CDD
JIS: 1-89-88
U+7CE3