丌 - 漢字私註

説文解字

下基也。薦物之丌。象形。凡丌之屬皆从丌。讀若箕同。
丌部

康煕字典

部・劃數
一部二劃

『集韻』居之切、音姬。『說文』下基也、薦物之具。象形。

又『集韻』古作丌。註詳八部六畫。

又姓。唐丌實、丌士能。

音訓

解字

白川

象形。物を置く臺の形に象る。几とはまた異なる。

金文に代名詞のの字に用ゐることがあり、《牧𣪘》に敢ての不中不刑をたださざることなかのやうに用ゐる。

『古文尙書』や『墨子』『穆天子傳』に其に代へて丌を用ゐ、《三體石經》の『書・君奭』に基を丌に作る。

字はまた齊器の《子禾子釜》にに作り、臺上に物のある形。

漢字多功能字庫

丌の異體をにつくり、これはの省文で、春秋以後の金文に見える。丌は物を載せて薦める臺を象る。例へば典、奠はそれぞれ簡冊、酒甁を卓上に置く形を象る。

金文では其字と同じく用ゐる。

楚簡では期の通假字となす。郭店楚簡・語叢三思亡亓は、「思無期」のこと。

馬叙倫は丌と几は形聲義がみな近く、もと一字ではないかと疑つてゐる。

『集韻』其、古作丌、亓

屬性

U+4E0C
JIS X 0212: 16-4

関聯字

丌に從ふ字

丌聲の字