千 - 漢字私註

説文解字

千
十百也。从
十部

康煕字典

部・劃數
十部(一劃)

『唐韻』蒼先切『集韻』『韻會』『正韻』倉先切、𠀤音阡。『說文』十百也。

又『廣韻』漢複姓。

又『韻補』叶雌人切、請平聲。『劉劭趙都賦』宮妾盈兮數百、食客過兮三千。越信孟之𤰞體、慕姬旦之懿仁。

音訓

セン(漢、呉) 〈『廣韻・下平聲・先・千』蒼先切〉
ち。ちたび。

解字

白川

形聲。聲符は

卜文、金文は、人の下部に肥點を加へて人と區別する。

金文に萬年を萬人と記す例があり、人をの意に用ゐる。人にその聲もあつたのであらう。(補註: 年はあるいは秊に作り、説文解字は千聲とする。藤堂は亦聲とする。落合は年の甲骨文を亦聲、のちの字體を千聲とする。)

卜文に二千、三千を、人の下部に二横劃、三横劃を加へて記す例があるので、千が人聲に從ふ字であつたことは疑ひがない。

藤堂

假借。原字はと同形。

恐らく人の前進するさまから、進、晉の音を表し、その音を借りて數詞の1000に當てた假借字であらう。それにを加へ、一千を表したのが、千といふ字形となつた。或はどんどん數へ進んだ數の意か。

落合

假借。殷代にはと千の音が近く、それを借りた。字形は假借した人にを加へて一千を表した合文を起源とする。二千以上は、組み合はせる數字を增して、同じく合文で表示する。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. ち。百の十倍。實數ではなく漠然とした大きな數字を表す場合もある。
    • 《英國所藏甲骨集》558貞、勿登人三千。
    • 《殷墟小屯中村南甲骨》335辛未貞、亡壬小牢、千豭、四爵。
千[⿱羽口]
地名か。同文には「六千[⿰氵舟]」といふ地名も見える。《合集補編》6751戊申卜、王立各千[⿱羽口]、往行于六千[⿰氵舟]、…鬱行…。
千森
神名。祭祀を行ふ場所とする説もある。《英國所藏甲骨集》…侑曰千森、王[⿰東戌]于之八犬八豖…四羊南四。

後に人、千は字音が離れたが、金文にもの下部の人(亦聲符)を千に置換したものがあり、西周代でも千は人と近い發音だつた模樣。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文は、に從ひ、聲。古人は人字を假借して千の數を表し、一を加へて一千の合文を示す。後に一千の一を省くやうになり、一千の合文が單字の千となつた(張秉權)。本義は千の數。按ずるに、千はには從はず、古人は人を借りて千の數を表し、一を人の縱劃の眞ん中に加へて一千の合文とした。甲骨文や金文には、人に三劃を加へて三千となし、四劃を加へて四千となすなどしたものがあり、一を人に加へる字はもと合文と見るべきである。後に一千の一を省くやうになり、單字の千となつた。一と人に從ふ字で數を記す字形構造はに相似する(補註: 百は一との合文) 。于省吾、季旭昇は、一は人字と千字を區別する符號であるとする。

甲骨文、金文での用義は次のとほり。

千を通じてとなし、田の間の南北の小路を指す。

屬性

U+5343
JIS: 1-32-73
當用漢字・常用漢字

関聯字

千聲の字

其の他

千の大字として仟や阡を用ゐる。