𡈼 - 漢字私註

説文解字

𡈼
善也。从。士、事也。一曰象物出地挺生也。凡𡈼之屬皆从𡈼。
𡈼部

康煕字典

部・劃數
土部(一劃)

『唐韻』他鼎切『集韻』丑郢切、𠀤音逞。『說文』善也。从人士。士、事也。一曰象物出地挺生。《徐鉉曰》人在土上𡉂然而立也。凡聽廷望之類皆从此。

又『類篇』展禮切、音徵。澄也。

又『集韻』唐丁切、音廷莖也。一曰屋梁。

又『集韻』徵古作𡈼。註詳彳部十二畫。

『正譌』𡈼然出也。从人𡈼然立土上、會意。○按『說文』別立𡈼部、『字彙』『正字通』从其後說、象物出地挺生。及徐氏與六書正譌俱收入土部、因之。

音訓

テイ(漢) チャウ(呉)
よい

解字

の上にが乘る形に從ふ。

白川

象形。ものを高く捧げて立つ人の形を象る。は、祝禱の器を高く揭げて、神に呈示する意の字。これを捧げて挺立することを𡈼といふ。

説文解字の釋は、士人は他よりも挺立して、善を爲すものの意とするやうであるが、卜文の字形は土上に人の挺立する形。

説文解字にまた一に曰く物の地より出でて挺生するに象るなりとし、草木の類やうに解するが、廷、庭の初文は、土主に對して儀禮を行ふ形に從ふ。

呈、聖、は、みな挺立して祝禱し、神意を仰ぐ形。の初文も𡈼上に耳をしるす形であつた。

藤堂

指示。地上に直立した人の眞つ直ぐ伸びた足の部分を一印で示したもの。

落合

會意。の略體に從ひ、人が土盛りに乘つた樣子を表してゐる。

甲骨文では地名またはその長を表す。第三期(康丁武乙代)には領主が犬𡈼と呼ばれてゐる。《合集補編》7368貞、翌己卯、𡈼至。

後代には轉じて「眞つ直ぐ立つ」や「ただしい」の意で用ゐられた。

漢字多功能字庫

に從ひ、甲骨文は土の上に人の立つ形。音は挺で、挺の古文に當たる。

一説に、挺立し企求する形を象るといふ。また一説に人の地上に直立するを端正と形容し、故に善なりと訓ず。

甲骨文では人名や祭名に用ゐる。

金文では字の要素として用ゐられるのみで、構形は甲骨文と同じ。

本義は土の上に立つ人。

屬性

𡈼
U+2123C

関聯字

𡈼に從ふ字

𡈼聲の字

其の他

壬は別字。