臣 - 漢字私註

説文解字

臣
牽也。事君也。象屈服之形。凡臣之屬皆从臣。
臣部

説文解字注

臣
牽也。事君者。象屈服之形。凡臣之屬皆从臣。

康煕字典

部・劃數
部首

『唐韻』植鄰切『集韻』『韻會』丞眞切、𠀤音辰。事人之稱。『說文』臣、牽也、事君也。象屈服之形。『白虎通』臣者、纏也、勵志自堅固也。『廣韻』伏也。仕於公曰臣、任於家曰僕。『易・序卦』有父子、然後有君臣、有君臣、然後有上下。『詩・小雅』率土之濱、莫非王臣。

又『前漢・王陵傳』陳平謝曰、主臣。《註》文穎曰、惶恐之辭、猶今言死罪。晉灼曰、主、擊也。臣、服也。言其擊服。惶恐之辭。『通雅』發語敬謝之辭、猶主在上、臣在下、自然敬恐也。

又姓。『奇姓通』唐臣悅、著平陳紀。

又『韻補』叶音禪。『道藏歌』躋景西那東、肆覲善因緣。常融無地官、皆是聖皇臣。

部・劃數
心部五劃

『字彙補』古文字。註詳部首。武后所造、忠心如一之义。

いはゆる則天文字

音訓

シン(漢) 〈『廣韻・上平聲・眞・辰』植鄰切〉
おみ

解字

を縱にした字。後には目も縱向きにつくる。

臣下の意が、目に關はりあるものか、假借義かは判斷不能。

白川

象形。目をあげて上を見る形を象る。大きな瞳を示す。

説文解字は牽かるるなりと、臣、牽の音の關係を以て解するが、兩者の間に聲義の關係はない。また字形について君に事ふる者なり。屈服する形に象る。(段注本)とするが、字は卜文のに含まれる形と同じく、上方を見る目の形。

金文に見える小臣は王族出自の者で、聖職に從ひ、臣を統轄する。臣は多く神事に從ひ、もと異族犧牲や神の徒隸たる者を意味した。宮廟に仕へる者を臣工といひ、『詩・周頌』に『臣工』の一篇がある。金文の賜與に臣三品のやうにいふのは、出自の異なる者三種をいふ。また臣十家のやうにいふのは、一般の徒隸とは異なるものであらう。

のち出自や身分に關することなく、他に服事するものをいふ。

藤堂

象形。下に伏せて俯いた目を描いたもので、身を固く強張らせて平伏する奴隸。

落合

象形。を縱向きにした形。

臣下の意に用ゐられてゐるが、その意義については、𦣠(望の初文)などに含まれることから、「見張る人」が起源と考へられてゐる。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. 臣下。家臣。小臣は殷王に從ふ臣下。殷金文の圖象記號としても使はれてゐる。《合集補編》1828貞、呼多臣伐𢀛方。
  2. 祭祀名。《殷墟小屯中村南甲骨》478癸亥卜、在子、禦、服于乙母、臣于祖庚、卯羊二䝅二。
舊[⿸疒米]臣
神名。詳細不明。
帝臣
神話上の帝の臣下。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文は、目を縱にした形。人が大きく目を開き、目を怒らせて視るさまを象り、中間の瞳の形が特に大きく、目の縁から突出してゐる。瞋の本字(吳秋輝、汪寧生)。臣字の本義は目を瞋らせて直視すること。後に借りて奴隸を指し、また奴隸から轉じて君主に侍奉ずる官僚を指す。假借義の通用により本義が失はれ、別に形聲字の瞋をつくつて臣の本義を表す。

甲骨文、金文はあるいは瞳孔の中に點を加へて飾筆とする。戰國文字にも瞳孔を貫く縱劃のあるものがあり、瞳孔の上下に縱劃を加へるものもある。小篆はこれらの形のいづれも繼承してゐない。

甲骨文、金文では奴隸を指す。

また奴隸の義から屈服した者の意を派生し、更に君に仕へる臣僚の意を派生する。甲骨文、金文でまた臣僚を指す。

また金文では氏族名や人名となす。

屬性

U+81E3
JIS: 1-31-35
當用漢字・常用漢字
𢘑
U+22611

関聯字

臣に從ふ字

臣聲の字