崔 - 漢字私註

説文解字

大高也。从聲。
山部

康煕字典

部・劃數
山部八劃

『廣韻』昨回切『集韻』『韻會』徂回切『正韻』遵綏切、𠀤音摧。『說文』高大也。『廣韻』崔嵬也。『詩・齊風』南山崔崔。《註》高大貌。『何晏・景福殿賦』高甍崔嵬。

又『廣韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤倉回切、音催。齊邑名。濟南東朝陽縣有崔城。

又姓。『廣韻』齊丁公之子、食采於崔、因以爲氏。

『集韻』或作㠑崒𨻵

部・劃數
石部十一劃

『集韻』昨回切、音摧。『說文』本作。山高也。『嵆康・琴賦』磪嵬岑嵓。《註》高峻貌。

又『洪适・隷釋』磪、通作摧。出費鳳𥓓隂。

又『集韻』取猥切、音洒。絲大貌。

部・劃數
補遺・山部

『字彙補』子累切、音醉。山高貌。

音訓

サイ(漢、呉)
たかい

解字

白川

形聲。聲符は。説文解字に大いにして高きなりとあり、山の崔嵬たるをいふ。

隹聲に從ふことより考へると、崔はもと鳥占をいふ字であつたと思はれるが、のちその字義を失つたものであらう。

連語の形容詞としてのみ用ゐられる。

藤堂

の會意。隹は堆積の堆(積み上げた土)に含まれ、丸く盛り上がつた意を含む。崔は凸型に盛り上がつた山のこと。

屬性

U+5D14
JIS: 1-54-35
U+78EA
JIS X 0212: 48-19
𡽛
U+21F5B

関聯字

崔聲の字