穴 - 漢字私註

説文解字

土室也。从聲。凡穴之屬皆从穴。
穴部

康煕字典

部・劃數
部首
古文
𥤢

『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤胡決切、音坹。『說文』土室也。『易・繫辭』上古穴居而野處。『詩・大雅』陶復陶穴。《箋》未有寢廟、故覆穴而居。

又『玉篇』孔穴也。『孟子』鑽穴隙相窺。

又『廣韻』窟也。『易・需卦』出自穴。

又訓爲側。『爾雅・釋水』氿泉穴出。穴出、仄出也。

又官名。『周禮・秋官』穴氏掌攻蟄獸。《疏》凡獸皆藏穴中、故以穴爲官名、使取蟄獸。

又地名。『書・禹貢』鳥鼠同穴。『爾雅・釋地』岠齊州以南戴日爲丹穴。『左傳・文十一年』潘崇伐麇、至于鍚穴。《註》鍚穴、麇地。『水經注』中廬縣之西山謂之馬穴山。『左思・蜀都賦』嘉魚出于丙穴。《註》丙穴、在漢中沔陽縣北。

又『韻會』古穴切。『前漢・天文志』暈適背穴。《註》孟康曰、穴、或作鐍、其形如鐍。如淳曰、凡氣在日上爲冠爲戴、在旁直射爲珥、在旁如半環向日爲抱、向外爲背、有氣刺日爲鐍。鐍、抉傷也。

又叶胡桂切。『曹植・七啓』采英奇于側陋、宣皇明于巖穴。此甯子商歌之秋、而呂望所以投綸而逝。

又『集韻』戸橘切。『淮南子・原道訓』水居窟穴、人民有室。『孔融詩』言多令事敗、器漏苦不密。河潰蟻孔端、山壞由猿穴。

異體字

『康煕字典』の古文。見出しには採らず。

音訓

クヱツ(漢) 〈『廣韻・入聲・屑・穴』胡決切〉
あな。ほら。うがつ。

解字

白川

象形。土室の入口の形に象る。

説文解字に聲とするが、八は土室の入口の象形。

墨子・辭過古之民、未知為宮室時、就陵阜而居、穴而處下。(古の民、未だ宮室をつくることを知らざりし時、陵阜に就きて居り、穴してひくきにる)と見える(補註: 中國哲學書電子化計劃は句の切り方を異にする)。穴居土室は、黃土地帶では今でも行はれてゐる住居の形式。も、その入口を示す象形字。

藤堂

(家)と(左右に分ける)の會意。洞穴を掘り分けて、その中に住む穴居住宅を示す。

漢字多功能字庫

象形字で、洞穴の形に象る。本義は居住用の洞穴。今のところ甲骨文や金文に單獨の穴字は見えない。金文では穴が偏旁に用ゐられてゐる。『説文解字』の字釋は比較的晩期の字形に據る誤つた分析で、早期の穴の字形はに從ふものではない(參・季旭昇)。

早期人類は土室の中に住んでゐた。

楚系文字に穴とに從ふ字形があり、穴の異體である(李守奎、曲冰、孫偉龍)。

穴は墓穴を指すこともある。『詩・王風・大車』穀則異室、死則同穴。鄭玄箋穴、謂塚壙中也。

穴はまた動物の巢穴を表す。

大きい洞窟だけでなく、小さい穴をも表す。

また人體の穴を表す。

屬性

U+7A74
JIS: 1-23-74
當用漢字・常用漢字
𥤢
U+25922

関聯字

穴に從ふ字

説文解字・穴部のほか、以下の字など。

穴聲の字