渦 - 漢字私註

康煕字典

部・劃數
水部九劃

『廣韻』『集韻』𠀤古禾切、音戈。水名。與同。『前漢・地理志扶溝註』渦水首受狼湯渠、東至向入海。

又『集韻』姑華切、音瓜。義同。

又『廣韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤烏禾切、音倭。水㘭也。『爾雅・釋水』渦辨回川。《註》旋流也。

又姓。『三輔決錄』有扶風太守渦尚。

異體字

簡体字。

音訓・用義

(1) クヮ(漢、呉)
(2) クヮ(慣) ワ(漢・呉)
(2) うづ。うづまく。

音(1)は水名に用ゐ、に同じ。渦河

解字

白川

形聲。聲符は。咼はと聲義近く、丸く凹んだ形のものをいふ。水が激しく渦卷くとき、その形となる。

藤堂

と音符の會意兼形聲。咼は、丸い穴に嵌まる關節骨のことで、丸い意を含む。渦は、丸い水の渦卷き。

漢字多功能字庫

に從ひ聲。本義は旋廻する水流。晉・郭璞〈江賦〉盤渦谷轉、淩濤山穨。

また渦狀、渦卷形を表す。唐・杜甫〈陪鄭廣文游何將軍山林〉之四碾渦深沒馬、藤蔓曲垂蛇。

また渦河を表す。河南省通許縣を源とし、安徽省西北部を經て、懷遠縣で淮河に入り、全長382km。三國魏・曹丕〈臨渦賦〉序經東園、遵渦水、相佯乎高樹之下、駐馬書鞭為《臨渦》之賦。

屬性

U+6E26
JIS: 1-17-18
常用漢字
U+6DA1