萵 - 漢字私註

康煕字典

部・劃數
艸部九劃

『集韻』烏禾切、音倭。『類篇』萵苣、菜名。『杜甫・種萵苣詩序』堂下理小畦、隔種一兩席許萵苣、向二旬矣。

又『續博物志』萵菜、出萵國、有毒、百蟲不敢近。

異體字

簡体字。

音訓・用義

ワ(漢、呉)

萵苣はちさ、ちしや、レタス。

解字

藤堂

と音符(丸い、丸い穴)の會意兼形聲。葉が内側に曲がつて眞ん中が丸く凹んだ野菜。

屬性

U+8435
JIS: 1-72-66
U+83B4