歹 - 漢字私註

説文解字

また𣦵につくる。
𠛱骨之殘也。从半。凡歺之屬皆从歺。讀若櫱岸之櫱。
第二句の段注に冎、剔人肉置其骨也。半冎則骨殘矣。鉉曰、不當有中一。秦刻石文有之。
死部
𡰮
古文歺。

康煕字典

部・劃數
部首
古文
𡰮

𣦵、俗省。本作𣦵、隷作。『俗書正誤』歹、音遏。『長箋』今誤讀等在切、爲好字之反。

部・劃數
尸部三劃

『玉篇』古文字。註詳部首。

部・劃數
歹部(零劃)

『唐韻』五割切『集韻』牙葛切、𠀤音枿。『說文』𠛱、骨之殘也。从半冎、凡歺之屬皆从歺。讀若櫱岸之櫱。《徐鍇曰》冎剔肉置骨也。歺、殘骨也。故从半冎。《徐鉉曰》義不應有中一。秦刻石文有之。

又『集韻』才達切、音𡾃。朽骨餘。

又居陵切、音兢。義同。

『集韻』作

部・劃數
歹部(零劃)

𣦵

部・劃數
尸部二劃

『正字通』按舊註古文字。本作𣦵。隸或作歺。古文作𡰮。俗省从𡰤、非。

音訓

(1) ガツ(漢)
(2) タイ
(1) ほね
(2) わるい

解字

白川

象形。殘骨の形に象る。

説文解字に列骨の殘なり。半冎に從ふ。といふ。冎は人體上部の殘骨。𣦵はその一部を存する形。はこれを拜する形で、複葬を意味する字。

タイの音で讀むのは、恐らく別系の語で、『敦煌變文』や『元曲』などに見え、わるいの意。

藤堂

象形。は、嵌り込んだ關節骨を描いた象形字。骨は、冎とより成る。歺は、その關節骨の下半部を描いたもので、切り取つた骨のこと。

字の構成要素として、屍體や骨を意味する。

タイの音は、駘、呆に當てた用法。

落合

ばらばらになつた死者の骨の象形。肩甲骨の象形であるが缺けた形。死者の骨を表す。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. しぬ。と同樣に用ゐられてをり、略體かも知れない。《合集》22134甲辰貞、美[⿰⿱臣臣子]不歹。
  2. 地名またはその長。《合集》19933・後半驗辭戊申卜王、禦、廾父乙。庚戌、歹廾。八月。

漢字多功能字庫

甲骨文の構形初義に定論はなく、一説に肉を剔去した後の殘骨といふ(説文解字)。

甲骨文のは歺に從ひ、羅振玉は生者が朽ちた骨の前で拜し死者を悼むさまを象るとする。歺に從ふ字は多く死傷、禍殃に關係があり、歺が殘骨である證左とみることができる。しかし甲骨文にすでに骨字があり、殘骨を表す歺字とは甚だ異なり、于省吾、裘錫圭、季旭昇などの學者は殘骨と釋すべきではないとしてゐる。

一説に、歺はスコップの類の土を掘る道具で、𣦼は手に歺を持つて工作する形を象る、といふ(裘錫圭)。何景成は歺に從ふ𣦼は殘害、殘殺の殘であるとする。季旭昇は木杭の一種の地を掘る道具で、下端が裂開してをり、故に裂解(分裂、分解)、殘敗(壞れ衰微する)などの義を派生するとする。于省吾は列の初文と釋し、猛烈を表すとする。

字の考釋に定論がないので、甲骨文の辭例の用法もまた確定できない。甲骨文に三小點と歺に從ふ字があり、于省吾は釋して洌につくり、讀んで烈となす。《合集》6589歺雨について、于省吾は「歺雨」は「烈雨」で、暴雨を指すとする。

屬性

U+6B79
JIS: 1-61-38
𡰮
U+21C2E
𣦵
U+239B5
U+6B7A
JIS: 2-15-93
𡰤
U+21C24

関聯字

歹に從ふ字

説文解字・歺部のほか、以下の字など。