死 - 漢字私註

説文解字

また𣦸𣦹につくる。
澌也、人所離也。从歺从。凡死之屬皆从死。
死部
𠒁
また𠑾につくる。
古文死如此。

康煕字典

部・劃數
歹部二劃
古文
𠑾
𣥴

『廣韻』息姊切『集韻』『韻會』『正韻』想姊切、𠀤斯上聲。『白虎通』死之言澌、精氣窮也。『釋名』死者、澌也、若冰釋澌然盡也。『莊子・知北遊』人之生、氣之聚也。聚則爲生、散則爲死。『關尹子・四符篇』生死者、一氣聚散耳。『禮・曲禮』庶人曰死。『禮・檀弓』君子曰終、小人曰死。又『周禮・天官・疾醫註』少曰死、老曰終。

又『山海經』有不死國、在南海大荒中。『郭璞贊』赤泉駐年、神木養命。稟此遐齡、悠悠無竟。

又圓丘山有不死樹。『郭璞贊』萬物暫見、人生如寄。不死之樹、壽蔽天地。

又『山海經』流沙之東、黑水之閒、有不死山。又『劉孟會云』祖州海島產不死草、一株可活一人。

又姓。自、死、獨、膊、代北四姓也。見『氏族略』。

又叶息利切、音四。『宋玉・九辯』願徼𡴘而有待兮、泊莽莽與埜艸同死。叶上至。

『說文』从人作𣦸。

部・劃數
儿部五劃

『玉篇』古文字。註見歹部二畫。

部・劃數
止部七劃

『集韻』古作𣥴。註詳歹部二畫。

部・劃數
歹部二劃

部・劃數
歹部二劃

𣦸

又『篇海』居月切、音厥。短也。○按此說無據、不可從。

異體字

説文解字の重文。

音訓

しぬ。つきる。かれる(枯死)。ころす。ほろぶ。

解字

白川

𣦵との會意。𣦵は人の殘骨の象。人はその殘骨を拜し弔ふ人。

説文解字にくるなり。人の離るる所なりとし、死澌、死離の疊韻の字を以て解する。

死の字形からいへば、一度風化して後、その殘骨を收めて葬るのであらう。葬は草間に死を加へた字で、その殘骨を收めて弔喪することを葬といふ。いはゆる複葬である。

死の音は、尸陳(連ねる)の意であらう。またと通じ、漢碑に死、此の下に在りと見える。金文に主司することを「死𤔲」といふのは、恐らく尸主の意に用ゐたものであらう。

藤堂

歹(骨の断片)との會意で、人が死んで、骨きれに分解することを表す。

落合

甲骨文は井中にの會意字([⿴井人])。井は人爲的に掘られた穴で、ここでは墓穴を表す。墓穴に人が入ることから、死を意味する。

異體字にに從ふもの、出血を表す小點を加へたもの、病牀を表す爿を加へたものなどがある。また少數だが死者の骨を表す歹とそれを悼む人に從ふ異體字もあり、現用字はこれを承ける。

[⿴井人]について、字形の類似から囚の異體とする説などもあるが、甲骨文では[⿴井人]と死に字義上の明確な區別が見られない。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. 死ぬ。死亡する。《合集補編》6603甲寅卜王貞、婦[⿰女沚]子不死。一月。
死黽
吉凶語。凶の意。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文は、歺(𣦵)とあるいは跪坐する人の形に從ふ。歺は肉を除き去り殘つた骨を象ると推測され、生者が低頭跪坐して朽ちた骨の傍らで哀悼するさまを表し、本義は死亡(羅振玉、劉興隆)。一説に、人と歺を合はせて、人の死後身體が腐り、白骨を殘すの意、といふ(加藤常賢)。楊樹達、馬敍倫、高鴻縉は、死は屍體のの本字であるとする。

甲骨文では本義に用ゐ、死亡を表す。《合集》22049貞、不死。

金文での用義は次のとほり。

戰國竹簡では讀んで屍となし、屍體を表す。《睡虎地秦簡・封診式》簡56男子死(屍)在某里南首

屬性

U+6B7B
JIS: 1-27-64
當用漢字・常用漢字
𠑾
U+2047E
𣥴
U+23974
𣦸
U+239B8
𣦹
U+239B9
𠒁
U+20481

関聯字

死に從ふ字