肘 - 漢字私註

説文解字

臂節也。从。寸、手寸口也。
肉部

康煕字典

部・劃數
肉部三劃

『唐韻』『集韻』陟柳切『韻會』陟肘切『正韻』止酉切、𠀤音帚。『說文』臂節也。从𠕎从寸。寸、手寸口也。《徐曰》寸口、手腕動脈處也。『詩・小雅〔斯干〕如矢斯棘箋』如人挾弓矢、戟其肘。『禮・玉藻』袂可以回肘。又『深衣』袼之高下、可以運肘。『左傳・成二年』張侯曰、自始合、而矢貫余手及肘。

又『釋名』肘、注也。可隱注也。

又『正字通』爲人捉其肘而留之、亦曰肘。『後漢・孔融傳』欲命駕、數數被肘。『杜甫・遭田家泥飮美嚴中丞詩』久客惜人情、如何拒鄰叟。高聲索果栗、欲起時被肘。

又書名。『前漢・藝文志』彊弩將軍王圍肘法五卷。『抱朴子・地眞卷』崔文子肘後經。

又『韻會』一曰一肘二尺、一曰一尺五寸爲一肘、四肘爲一弓、三百弓爲一里。

『集韻』或作䏔。通作𦡴。

音訓

チウ
ひぢ

解字

白川

形聲。聲符は。寸に紂の聲があるが、恐らく丑の省形に從ふものであらう。丑は指先に力を入れて物を持ち、引き締める意を持つ字。

説文解字に臂の節なり。〜寸は手の寸口なり。とするが、寸口は手首の脈どころの名で、肘とは關係がない。

指先に力を入れるのは丑、ひぢに力を加へるのが肘。

藤堂

(手)の會意。もと丑が腕を曲げたさまを示す字であつたが、十二支の名に轉用されたため䏔字がつくられた。䏔と肘は全く同じ。(補註: 説文解字に䏔を錄し、食肉也。とする。『集韻』のやうに䏔を肘と同じと説くものもある。)

落合

指示。甲骨文は腕の部分に指示記號を附けて部位を表示した字。即ち初文は(寸)で、その點は指示記號。指示記號のない字形もあり、象形字に當たる。(補註: 漢字多功能字庫はこの象形字のみ肘の甲骨文として擧げてをり、指示記號の附いた形はの甲骨文としてゐる。)

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. ひぢ。人體の腕の部分。《合集》13677貞、疾肘、𦝠。
  2. 地名。《合集》10419辛亥卜爭貞、王不其獲肘射兕。

後に長さの單位に轉用され、原義は篆文以降、を加へた繁文で表す。字音も分化してをり、陰聲の肘が本來の發音、陽聲の寸が轉用されたものであらう。

分化して指示記號が𠃋となつたものは厷、繁文は肱。

漢字多功能字庫

肘と數字の九は同じ形で、もとは腕のひぢの形を象る。後に數字の九に假借し、九の初文(李孝定)。數字の九に借りた後、九の下に點を加へ、字となつた。また意符のを加へて、肘字となつた。

甲骨文では本義に用ゐる。《合集》13677正疾九(肘)(上揭)は、肘に疾あることをいふ。趙誠は甲骨文の肘は現代漢語の手腕に相當し、手臂の前部を指すとする。

屬性

U+8098
JIS: 1-41-10
常用漢字(平成22年追加)