弭 - 漢字私註

説文解字

弓無緣、可以解轡紛者。从弓聲。
十二弓部
𢏱
弭或从
段注に兒聲也。といふ。

康煕字典

部・劃數
弓部六劃
古文
𢏱

『唐韻』綿婢切『集韻』『韻會』母婢切『正韻』莫禮切、𠀤音敉。『說文』弓無緣、可以解轡紛者。『爾雅・釋器』有緣者謂之弓、無緣者謂之弭。《註》今之角弓也。《疏》李巡曰、骨飾兩頭曰弓、不以骨飾兩頭曰弭。孫炎曰、緣謂繳束而漆之、弭謂不以繳束骨飾兩頭者也。『釋名』弓末謂之弭、以骨爲之、滑弭弭也。『詩・小雅』象弭、魚服。《傳》象弭、弓反末也。《疏》弭者、弓弰之名、以象骨爲之、是弓之末弭、弛之則反曲、故云象弭爲弓反末也。

又『廣韻』息也。『玉篇』止也。『左傳・襄二十五年』自今以往兵、其少弭矣。

又『玉篇』忘也。『詩・小雅』心之憂矣、不可弭忘。《箋》我念之憂、不能忘也。

又『玉篇』安也。『史記・田完世家』夫治國家、而弭人民者、無若乎五音。

又『玉篇』滅也。『後漢・趙壹傳』下則抗論當世、消弭時災。

又按也、低也。『屈原・離騷』吾令羲和弭節兮。《註》弭、按也。『司馬相如・子虛賦』弭節裴回。《註》司馬彪云、弭、猶低也。

又地名。『左傳・莊二十一年』春胥命于弭。《註》弭、鄭地。

又『釋名』納弭也。弭弭、兩致之言也。

部・劃數
弓部八劃

『集韻』古作𢏱。註詳六畫。

音訓

ビ(漢) ミ(呉)
ゆはず。やむ(弭息)。やめる。とどめる。わすれる(弭忘)。やすんずる。

解字

白川

弓との會意。耳は弓の兩端に用ゐる弓弭の形。

説文解字に弓に緣無く、以て轡の紛れたるを解くべき者なりとし、耳聲とするが聲異なる。

説文解字の重文𢏱はに從ふ。兒は虹蜺の蜺の初文で、兩端に龍首のある形。それを弓弭に見立てた意象の字であらう。

説文解字にいふ緣は、弓弭を漆で固定したもの。弭は骨や象牙で作つて裝著するもの。金文の賜與に「象弭」といふ例が多い。弭は御者が馬を御するときに使ふことが多く、それで『楚辭・離騷』に吾令羲和弭節兮(吾、羲和をして節をとどめしむ)のやうに用ゐる。

藤堂

弓との會意で、弓の端に耳狀の引つ掛け金具をつけて弦を止めること。

轉じて、末端、そこまでで止める、などの意となる。

漢字多功能字庫

金文は弓とに從ひ、弓は形符、耳は聲符。弭は弓の末端の彎曲してゐる所、弓弭。

金文での用義は次のとほり。

屬性

U+5F2D
JIS: 1-55-25
𢏱
U+223F1

関聯字

弭聲の字