敉 - 漢字私註

説文解字

撫也。从聲。『周書』曰、亦未克敉公功。讀若弭。
攴部
敉或从

康煕字典

部・劃數
攴部六劃

『廣韻』綿婢切『集韻』『韻會』母婢切、𠀤音弭。『說文』撫也。『廣韻』安也。『書・大誥』民獻有十夫、予翼以于敉寧武圖功。《傳》用撫安武事、謀立其功。

又『類篇』一曰愛也。

又『集韻』『類篇』𠀤普弭切、音仳。義同。

又與弭通。『儀禮・士喪禮註』巫掌招弭、以除疾病。《疏》弭讀爲敉、安也。

『說文』从攴作敉。

部・劃數
人部六劃

『廣韻』綿婢切、音弭。同。亦作𢘺。撫也、愛也、安也。『周禮・春官』小祝掌侎烖兵。

部・劃數
心部六劃

『集韻』綿批切、音彌。心惑也。或从迷。

又『五音集韻』母婢切。與通。安也。

音訓

なでる。やすんずる。いつくしむ。

解字

今は敉と侎を同字異體とするが、諸説を見るに、元は別源、異義の字であつたやうにも思はれる。

白川

形聲。聲符は

落合

甲骨文にを假借する用法があり、やすんずることを表す敉の初文と推定されてゐる。

甲骨文には既に米にを加へた形も見え、殳をに變へた敉は篆文に出現する。篆文では同意の撫もつくられてゐる。

漢字多功能字庫

敉はまた侎につくり、安撫、安定をあらはす。

侎はあるいは尸と少に從ふ形に隸定し、甲骨文はと少に從ふ。胡厚宣は人が大便する形を象るとし、卜辭「屎田」を農田に糞肥を施すると解く。裘錫圭は沙と古音近く、讀んで選となし、卜辭は耕種する田地を選ぶことであるとする。

西周金文は人と少とに從ひ、あるいは廾を省き、あるいは小に從ふ。小と少は同源から分化したもので、字の要素として通用する。構形本義未明。文例を見るところ、繼承、繼ぐ、續くの意を有する。禹鼎命禹仯(侎)賸且考

戰國金文は人と、あるいは尸と米に從ふ。尸と人の古文字はどちらも人を側面から見た形を象る。郭沫若、容庚は侎と隸定してゐる。陳侯因𬁼敦高且黃啻(帝),侎嗣𧻚文。。もし説文解字に據り安撫と解けば、文例を讀み解く手立てがない。容庚は古籍の敉はみな繼承を表し、ゆゑに侎を繼となし、𧻚文を繼承するの意を表すとする。このほか、この字を屎字であるとする學者もゐる。(補註: 白川、落合は上にいふ人と少に從ふ甲骨文を屎に當ててゐる。)

屬性

U+6549
JIS X 0212: 33-44
U+4F8E
JIS X 0212: 17-5
𢘺
U+2263A