匊 - 漢字私註

説文解字

在手曰匊。从
勹部

康煕字典

部・劃數
勹部六劃
古文
𦥑

『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤居六切、音菊。『說文』在手曰匊。《徐曰》手掬米、會意。『玉篇』兩手也、滿手也、手中也、物在手也。『詩・唐風』椒聊之實、蕃衍盈匊。《朱子・詩》從容出妙句、珠貝爛盈匊。

又『韻會』一手曰匊。『詩・小雅』終朝采綠、不盈一匊。《賈島・詩》虬龍一匊波、洗蕩千萬春。

『集韻』或作掬。

音訓

キク(漢、呉)
すくふ。むすぶ。たなごころ。

解字

掬の初文。

白川

の會意。勹は人の側身形。身を屈めて物を取る姿勢。

詩經・小雅・采綠』に終朝采綠、不盈一匊。(終朝に綠(草名)を采るも、一匊に盈たず)とあり、草摘みを以て豫祝とする俗を歌ふ。不盈一匊とはその豫祝の叶はぬ意。《毛傳》に兩手を匊と曰ふとあり、兩手で承ける意。

金文の字形は、身を屈めて物を承ける形。

藤堂

(包む)と(散らばつた米粒)の會意。掬の原字。散らばらないやうに一箇所に集約するの意を含む。

漢字多功能字庫

金文はに從ひ聲。本義は兩手を上に向けて包み 、半圓形を成し、米粒やその他の物品を入れて捧げ持つこと。後に意符のを加へて掬字がつくられた。

匊、掬の用義は次のとほり。

現代漢語では掬はあまり用ゐられず、捧が掬を兼倂してゐる。掬は「笑容可掬」の類の成語に見えるばかりである(王鳳陽)。

金文では人名に用ゐる。番匊生壺番匊生鑄媵壺。は、番匊生が嫁入り道具の壺を鑄造したの意。郭沫若は、匊は讀んで鞠に當たり、生養、撫育を表すと指摘する。匊(鞠)と生は、一個が字で、一個が名であり、古人の字と名の意義は多く關はりがあり、番生の名は生、字は匊(鞠)、兩者ともに生養、撫育の意がある。

屬性

U+530A
JIS: 2-3-44

関聯字

匊聲の字