回 - 漢字私註

説文解字

轉也。从、中象回轉形。
囗部
古文。

康煕字典

部・劃數
囗部三劃

『唐韻』戸恢切『集韻』『韻會』『正韻』胡隈切、𠀤音洄。『說文』从囗、中象回轉之形。『徐鍇曰』渾天之氣、天地相承。天周地外、隂陽五行、回轉其中也。

又『說文』邪也、曲也。『詩・小雅』淑人君子、其德不回。『禮・禮器』禮飾回、增美質、措則正、施則行。

又『正韻』返也。『後漢・蔡邕傳』回途要至、俯仰取容。

又『廣韻』違也。『詩・大雅』求福不回。『又』徐方不回。《註》回猶違也、言不違命也。

又『詩・大雅』昭回于天。《註》昭、明。回、旋也。

又屈也。『後漢・盧植傳』可加赦恕申宥回枉。『又』抗議不回。

又徘回。『說文』徘徊本作裵回。寬衣也、取其裵回之狀。『張衡・思玄賦』馬倚輈而徘回。《註》言踟躊不進也。

又低回、紆衍貌。『史記・孔子世家贊』適魯、觀仲尼車服禮器、余低回留之、不能去。『前漢・揚雄傳』大道低回。

又姓。『韻會』古賢者方回之後。『正字通』明宣德中御史回續。

又地名。『後漢・郡國志』右扶風有回城、名曰回中。

又通作。『荀子・儒效篇』圖迴天下於掌上。

又通作。『史記・鄒陽傳』墨子廻車。

又『正字通』回回、國名。西域大食國種也。明丘濬曰、國在玉門關外萬里、𨻰隋閒入中國。金元以後、蔓延滋甚、所至輒相親守、其所謂敎門者尤篤、今在在有之。

又『集韻』『韻會』𠀤戸賄切、音悔。繞也。『左傳・襄十八年』右回梅山。徐邈讀上聲。

又『集韻』『韻會』𠀤胡對切、音繢。『前漢・趙充國傳』回遠千里。《註》回謂路迂回也、音胡悔反。

又畏避也。『前漢・王溫舒傳』卽有避回。《註》謂不盡意、捕擊盜賊。又『蓋寬饒傳』刺舉無所回避。《註》回𠀤讀若諱。

俗作

部・劃數
囗部二劃

『說文』本字。『徐鍇曰』中象旋轉之形。

部・劃數
囗部四劃

『正字通』俗字。又『鄞本監韻』回作囬、非。囬乃古面字也。

音訓

クヮイ(漢) ヱ(呉)
めぐる。かへす。かへる(回歸)。よこしま。たがふ。たび(回數)。まはす。まはる。

解字

白川

象形。水の回流する形。

説文解字に轉ずるなりとするが、淵字條に回水なりとあり、孔門の顏回、字は子淵。いはゆる名字對待。

水の巡る意より、すべて旋回することをいふ。

藤堂

象形。廻轉するさま。または、小さい圍ひの外に大きい圍ひを巡らしたさまを描いたもの。

漢字多功能字庫

回とは一字の分化。商周文字の回はぐるぐる回る形を象り、戰國文字で二個の環の形の書き方が出現し、後世の字形の元となつた。本義はぐるぐる回ること。

更に以下の意に用ゐる。

屬性

U+56DE
JIS: 1-18-83
當用漢字・常用漢字
U+56D8
JIS: 1-49-37
U+56EC

関聯字

回に從ふ字

回聲の字