殳 - 漢字私註

説文解字

以杸殊人也。『禮』「殳以積竹、八觚、長丈二尺、建於兵車、車旅賁以先驅。」从𠘧聲。凡殳之屬皆从殳。
説文解字注は初句を㠯杖殊人也。とする。
殳部

康煕字典

部・劃數
部首
古文

『唐韻』市朱切『集韻』『韻會』慵朱切『正韻』尚朱切、𠀤音殊。『說文』以杸殊人也。

又兵器。『周禮・夏官・司兵・掌五兵註』五兵者、戈、殳、戟、酋矛、夷矛。『釋名』殳、殊也。長一丈二尺、無刃、有所撞挃於車上、使殊離也。正義曰、『考工記』殳長尋有四尺。八尺曰尋、是丈二也。冶氏爲戈戟之屬、不言殳刃、是無刃也。『詩・衞風』伯也執殳、爲王前驅。

又戟柄之別名。『揚子・方言』三刃枝、南楚宛、郢謂之匽戟。其柄、自關而西謂之柲、或謂之殳。

又書法名。『前漢・藝文志』八體六板。韋昭曰、八體、六曰殳書。『歐陽詢・書法』殳書者、伯氏所職。文記笏、武記殳、因而制之。『說文・序』七曰殳書。『徐鍇註』殳體八觚、隨其勢而書之、故八體有殳書。

又姓。

又打穀之架曰攝殳。『揚子・方言』僉、宋衞之閒謂之攝殳。《註》僉、今連架、所以打穀者。

𠘧。𠘧音殊、鳥短羽也。與几案之几別。

又與𠬛別。『佩觽集』殳、示朱翻、戈殳也。𠬛、莫勿翻、沈也。

音訓

シュ(漢)
ほこ。つゑぼこ。ほこのえ。

解字

初形はに從ひ、手に先端が強調された棒を持つ形。

後に字形が變化し、𠘧聲と解されたか。

白川

𠘧の會意。

𠘧は説文解字に鳥の短羽、飛ぶこと𠘧𠘧なりと見える。説文解字に殳を𠘧聲とし、杖を以て人をころすなり(段注本)と殊殺の意とするが、杖矛の類。

周禮・冬官考工記』に戈柲六尺有六寸。殳長尋有四尺。(戈の柲(柄)六尺有六寸、殳の長さは尋有四尺(一丈二尺)。)とあり、積竹を八觚の形にして作り、刃のないもの。本邦の竹刀に似たものであるらしい。これを車上に樹てて、鹵簿の先驅とした。

詩經・衛風・伯兮』に伯也執殳、為王前驅。(伯や殳を執り、王の爲に先驅す)と見える(補註: 中國哲學書電子化計劃の版は前驅、『字通』の引用は先驅につくる)。

説文解字は字條に軍中士所持殳也。〜『司馬法』曰、執羽从杸。(軍中の士、持する所のつゑぼこなり。〜『司馬法』に曰く、羽を執りて杸に從ふ。)とあり、上端に羽根飾りをつけるものであるらしい。羽は呪飾として用ゐ、『周禮・春官・司常』に全羽為旞(全羽を旞と爲す)とあつて、旌旗にも羽根飾りを用ゐた。これによつて言へば、殳とはその呪杖をもつ意で、本邦の「毛やり矛」のやうなものであらう。杸がその毛やり矛、投は杸を扱ふ意の字であらう。

藤堂

(手)と音符𠘧の會意兼形聲。𠘧は羽を立てたさま。殳は手で立てる動作を示す。また、手偏と同樣に、手で行はれる動作を示す動詞記號として用ゐられる。

落合

象形。甲骨文の字形はに近く、先が大きくなつた棒狀のものを持つてゐる形。

甲骨文では固有名詞としての用法のみ見え、地名またはその長を表す。《合集》822貞、屯率殳、王諾。

字の要素としては、鑿や撥などの意味で用ゐられてゐる。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文は、下部がに從ふ。又は手の形を象り、上部は叩くための道具。恐らく手に持つ叩く道具の意。本義は古い武器で、竹あるいは木で作られ、先に出つ張りがある。後に義符を加へて字が造られた。

甲骨文では人名に用ゐる。

金文では武器の名を表す。

屬性

U+6BB3
JIS: 1-61-53

関聯字

殳に從ふ字

説文解字・殳部のほか、以下の字など。

殳聲の字