羽 - 漢字私註

説文解字

鳥長毛也。象形。凡羽之屬皆从羽。
羽部

康煕字典

部・劃數
部首

『廣韻』『集韻』『韻會』𠀤王矩切、音禹。『說文』鳥長毛也。『廣韻』鳥翅也。『易・漸卦』其羽可用爲儀。『書・禹貢』齒革羽毛。《傳》羽、鳥羽。『周禮・天官・庖人』冬行鱻羽。《註》羽、鴈也。又『地官・司徒』宜羽物。《註》翟雉之屬。『禮・月令』其蟲羽。《註》象物从風鼓葉、飛鳥之屬。

又五聲之一。『周禮・春官・大師』皆文之以五聲、宮商角徵羽。又『大司樂』凡樂、圜鐘爲宮、黃鐘爲角、大簇爲徵、姑洗爲羽。《註》凡五聲、宮之所生、濁者爲角、淸者爲徵羽。『禮・月令』其音羽。《註》羽數四十八、屬水者、以爲最淸物之象也。又『樂記』宮爲君、商爲臣、角爲民、徵爲事、羽爲物。『前漢・律歷志』羽、宇也、物聚臧宇覆之也。

又舞者所執也。『書・大禹謨』舞幹羽於兩階。《傳》羽、翳也、舞者所執。『周禮・地官・舞師』敎羽舞。《註》羽、析白羽爲之、形如帗也。『左傳・隱五年』初獻六羽。公問羽數于衆、仲對曰:天子用八、諸侯六、大夫四。

又山名。『書・舜典』殛鯀於羽山。《傳》羽山、東裔在海中。又『禹貢』蒙羽其藝。《疏》羽山、在東海祝其縣南。『史記・五帝紀註』羽山、在沂州臨沂縣界。

又星名。『史記・天官書』其南有衆星、曰羽林天軍。《註》羽林三十五星、三三而聚散、在壘辟南、天軍也。

又官名。『前漢・百官志』期門羽林。《註》師古曰、羽林、亦宿衛之官、言其如羽之疾、如林之多也。一說羽、所以爲王者羽翼也。

又姓。『左傳・襄三十年』羽頡出奔晉。又『山海經』羽民國、其人長項、身生羽。

又『廣韻』『集韻』『韻會』𠀤王遇切、音雩。義同。

又『集韻』『類篇』𠀤後五切、音戸。緩也。『周禮・冬官考工記・矢人』五分其長、而羽其一。

音訓

ウ(漢、呉)
は。はね。たすけ(羽翼)。

解字

白川

象形。鳥の羽の形を象る。

説文解字に鳥の長毛なりとし、𠘧を短羽の象とする。

藤堂

象形。二枚の羽を竝べたもので、鳥の身體に覆ひ被さる羽。

落合

象形。鳥の羽毛を象形字にしたもの。鳥の翼とする説もあるが、雪の形容としても使はれてゐるので、羽毛と考へる方が良い。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. 祭祀名。《合集》698丙戌卜、羽尊于宗。
  2. 地名またはその長。《合集補編》1845辛丑卜賓貞、叀羽令、以戈人、伐[⿱工口]方、[屮戈]。十三月。

漢字多功能字庫

(補註: 漢字多功能字庫は、落合が羽の甲骨文とする字を彗としてゐる。)

金文、簡帛文字、小篆は二本の小鳥の羽毛の形を象り、本義は鳥類の長い羽毛。羽字は羽毛一本ごとに三劃を畫き出し、三條の毛を象る。三を以て多數を代表してをり、(手の形を象る)が三叉で手の五指を象るに類似してゐる。張舜徽《說文解字約注》象鳥長毛、小篆屈曲其體而猶存其三畫、亦猶手之列多、略不過三之意。

戰國竹簡では本義に用ゐる。

漢帛書では借りて翼を指す。《馬王堆漢帛書・老子甲本卷後古佚書・五行》第185-186行『嬰嬰(燕燕)于蜚(飛)、差池其羽。之子于歸、袁(遠)送于野。瞻望弗及,汲(泣)沸(涕)如雨。』能差池其羽然[後能]至袁(遠)。ここで引用する『詩・邶風・燕燕』は「雙雙共飛的燕子、它們的翅膀參差交錯。現在你要出嫁他國、我遠遠地送你到郊野、等到看不見你的身影的時候、我的眼淚像下雨似的落下。」の意。翼は互ひに交錯することが可能で(調和が取れ融合するさまの形容)、遠方に到達することができる。

鳥類の身體にあるのを羽、野獸にあるのを毛、龍蛇にあるのを鱗と稱する。『周禮』臝者、羽者、鱗者鄭玄注臝者、謂虎、豹、貔、螭爲獸淺毛者之屬。羽、鳥屬。鱗、龍蛇之屬。臝は毛の短い獸類を表す。『韓非子・解老』人無毛羽、不衣則不犯寒。は、人の身體には長い獸毛や鳥の羽は生えてをらず、衣服を著なければ寒冷に勝つことはできない、の意(張覺)。

金文では人名に用ゐる。徐王之子羽戈䣄(徐)王之子羽元用戈は、徐王の子の羽の專用する戈の意。徐國の君に羽といふ名の子がをり、章羽のこと。『春秋・昭公三十年』吳滅徐、徐子章羽奔楚。

成語「羽扇綸巾」は羽の著いた扇子を持ち、青い絹の頭巾を著けることを表し、從容たる態度の形容。蘇軾〈念奴嬌〉遙想公瑾當年、小喬初嫁了、雄姿英發。羽扇綸巾、談笑間、強虜灰飛煙滅。は周瑜が壯年の頃意氣軒昂で、強暴な敵人を從容と撃退したことを形容する。また「羽翼已成」は、力になる助けがあり、勢力が既に鞏固なことを比喩する。『史記・留侯世家』彼四人輔之、羽翼已成。

羽は五聲音階の第五音、「宮商角徵羽」の羽を表す。第五音は五音の中で最も高い音で、音調は高揚して伸び擴がり、まるで翅を擴げて高く飛ぶやうである。段注引伸爲五音之羽、『晉書・樂志』云『羽、舒也。陽氣將復、萬物孳育而舒生。』楚系金文では聲を加へた𦏴を音律名の羽に用ゐる。曾侯乙編鐘に見える。

羽は現在、比較的珍しい姓氏で、廣東の新會、四川の合江、山西の太原、陽泉、朔州、山東の平邑などに分布する。春秋の鄭の子羽の後代と傳はる。『通志・氏族略』鄭樵注云姬姓、鄭子羽之後也。宋代鄧名世『古今姓氏書辯證』羽、出自姬姓、鄭穆公之子揮、字子羽、其孫頡、爲馬師、以王父字爲氏。

屬性

U+7FBD
JIS: 1-17-9
當用漢字・常用漢字
U+FA1E (CJK互換漢字)
羽︀
U+7FBD U+FE00
CJK COMPATIBILITY IDEOGRAPH-FA1E
羽󠄀
U+7FBD U+E0100
CID+8599
羽󠄃
U+7FBD U+E0103
IB2730
MJ030216
羽󠄄
U+7FBD U+E0104
KS319620
MJ058352

関聯字

羽に從ふ字

説文解字・羽部のほか、以下など。

羽聲の字