稑 - 漢字私註

説文解字

疾孰也。从聲。『詩』曰、黍稷種稑。
禾部
稑或从
段注に翏聲也。今『周禮』作稑。『毛詩』作穋。といふ。

康煕字典

部・劃數
禾部八劃

『唐韻』『集韻』『韻會』力竹切『正韻』盧谷切、𠀤音六。『說文』疾熟也。先種後熟曰穜、後種先熟曰稑。『周禮・天官・內宰』上春、詔王后帥六宮之人、生穜稑之種、而獻於王。

又『集韻』或作。『詩・豳風』黍稷重穋。『說文』引『詩』作稑。

部・劃數
禾部十一劃

『集韻』與同。詳稑字註。

又居尤切、音鳩。秦穋、藥草名。

又渠幽切、音球。禾類。『管子・地員篇』其種穋𥝗。

音訓

リク(漢) ロク(呉)
わせ

解字

白川

形聲。聲符は。字はまた穋につくり、聲。翏に僇、勠(リク)の聲がある。

説文解字に疾く孰するなりとあり、わせの品種をいふ。おくてを穜といふ。

藤堂

(作物)と音符の形聲。

漢字多功能字庫

稑はまた穋につくり、遲蒔きにして早熟な穀物。

『廣韻』稑、穜稑、先種後熟曰穜。後種先熟曰稑。

『呂氏春秋・任地』種稑禾高誘注晚種早熟為稑。

屬性

U+7A11
JIS: 2-82-89
U+7A4B