友 - 漢字私註

説文解字

友
あるいはに作る。
同𢖽爲友。从二。相交友也。
又部
𠬺
𠬺あるいは𦫹につくる。
古文友。
𦐮
また𦐯につくる。
亦古文友。

康煕字典

部・劃數
又部二劃
古文
𠬺
𦐮
𦫹
𦐯

『唐韻』云久切『集韻』『韻會』『正韻』云九切、𠀤音有。『說文』同志爲友。『禮・儒行』儒有合志同方、營道同術、𠀤立則樂、相下不厭、久不相見、聞流言不信、其行本方立、義同而進、不同而退、其交友有如此者。

又善于兄弟爲友。『書・君𨻰』惟孝友于兄弟。

又凡氣類合同者皆曰友。『司馬光・潛虛』醜、友也。天地相友、萬彙以生。日月相友、羣倫以明。風雨相友、艸木以榮。君子相友、道德以成。

又『韻補』叶羽軌切、音洧。『前漢・禮樂志天馬歌』體容與、迣萬里、今安匹、龍爲友。

部・劃數
又部二劃

『玉篇』古文字。註見本畫。『說文』从二手相交。《徐曰》二手相順也。㕛有佐佑之義、故从二手。

部・劃數
又部六劃

『玉篇』古文字。註見二畫。

部・劃數
羽部六劃

『五音集韻』古文字。註詳又部二畫。

部・劃數
艸部二劃

『集韻』古作𦫹。註詳又部二畫。

部・劃數
羽部六劃

『集韻』、古作𦐯。註詳又部二畫。

音訓

イウ(漢) 〈『廣韻・上聲・有・有』云久切〉
とも。ともとする。

解字

白川

と又の會意。

金文の字形は、双のやうに二又を竝べ、下に盟誓の器のを加へる形(補註: 以下では構成の近い𬁡を當てる。) につくることが多い。盟誓の上に雙方の手を置いて誓ふ形式を示すものであらう。説文解字の古文に𦐮(あるいは𦐮)に作るものは、その譌形と考へられる。

官友、官守友、法友のやうに、同僚の關係をいひ、同族の者には倗𬁡といふ。『書・君陳』に友于兄弟(兄弟に友に)とは、倗𬁡の間の德をいひ、友情、友誼のやうに用ゐるのは、その擴大義。

藤堂

會意。庇ひ合ふやうに曲げた手を組み合はせたもの。と音符又の會意兼形聲字と見ても良い。手で庇ひ合ふこと。轉じて、仲良く庇ひ合ふ仲間。

落合

會意。に又を重ねる形。又亦聲。

甲骨文や金文では同格の者を意味して用ゐられてゐる。

甲骨文に、繫ぐことを表す橫劃を加へた字もあるが、地名として用ゐられてをり、別字かも知れない。の異體とする説もある。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. 同格の者。《合集》6068・驗辭七日己丑、微友化呼、告曰、[工口]方征于我奠豐。七月。
  2. 地名。(上記の橫劃を加へた字)
  3. 又と通じ、假借の用法で、有や侑の意味で使はれる。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文は、兩手が同じ方向を向いて竝んでゐるさまを象り、甚だしきに至つては一纏めに繫げられ、以て友好を示す。は亦た聲符である。

甲骨文での用義は次のとほり。

金文での用義は次のとほり。

漢帛書では通じて柔と讀む。《馬王堆・老子甲本》友弱勝強を、乙本は柔弱勝強に作る。

屬性

U+53CB
JIS: 1-45-7
當用漢字・常用漢字
U+355B
𠬺
U+20B3A
𦐮
U+2642E
𦫹
U+26AF9
𦐯
U+2642F