聞 - 漢字私註

説文解字

知聞也。从聲。
説文解字注は初句を知聲也。とする。白川によれば小徐本も同樣。
初句の段注に往曰聽。來曰聞。大學曰、心不在焉、聽而不聞。引申之爲令聞廣譽。といふ。
十二耳部
古文从昏。
段注に昏聲。といふ。

康煕字典

部・劃數
耳部八劃
古文
𦕁
𦖫
𥹢

『唐韻』『集韻』𠀤無分切、音文。『說文』知聞也。『書・堯典』帝曰、兪、予聞如何。『禮・少儀』聞始見君子者。《疏》謂作記之人、不敢自專制其儀、而傳聞舊說、故云。

又『禮・玉藻』凡於尊者、有獻而弗敢以聞。『前漢・武帝紀』舉吏民能假貸貧民者以聞。

又姓。『正字通』宋咸平進士聞見。明尚書聞淵。又聞人、複姓。『後漢・靈帝紀』太僕沛國聞人襲爲太尉。《註》姓聞人、名襲、【風俗通】曰、少正卯、魯之聞人、其後氏焉。

又獸名。『山海經』杳山有獸焉、其狀如彘、黃身白頭白尾、名曰聞𧲂、見則天下大風。

又『廣韻』亡運切『集韻』『韻會』『正韻』文運切、𠀤音問。『韻會』聲所至也。『詩・小雅』聲聞于天。『書・呂𠛬』𠛬發聞惟腥。『釋文』聞、音問、又如字。

又『廣韻』名達。『書・微子之命』爾惟踐修厥猷、舊有令聞。『詩・大雅』令聞令望。『朱註』令聞、善譽也。

又通作。『前漢・匡衡傳』淑問揚乎疆外。

又『韻補』叶無沿切、音近眠。『楚辭・九章』孤臣唫而抆淚兮、放子出而不還。孰能思而不隱兮、昭彭咸之所聞。還音旋。

部・劃數
耳部四劃

『廣韻』古作𦕁。註詳八畫。

部・劃數
耳部八劃

『唐韻』古文字。註詳本畫。

又『集韻』書盈切、音聲。無形而響。

部・劃數
耳部七劃

『玉篇』古文字。『虞世南・孔子廟堂𥓓』怡然動色、似䎹簫韶之響。『正字通』从釆。釆、古辨字。聲入耳能辨之也。別作𥹢、非。餘詳八畫。

部・劃數
耳部九劃

『廣韻』古文字。註詳八畫。亦作

部・劃數
米部六劃

『集韻』古作𥹢。註詳耳部八畫。○按『正字通』作。互詳耳部七畫註。

異體字

簡体字。

音訓

(1) モン(呉) ブン(漢) 〈『廣韻・上平聲・文・文』無分切〉
(2) モン(呉) ブン(漢) 〈『廣韻・去聲・問・問』亡運切〉
(1) きく。ききしる。をしへ。きこえる。
(2) きこえ。ほまれ(令聞)。うはさ。

解字

古い字形は(あるいは。意義は同じ。)の上にをしるす形で、見と同樣の構造。

現用の字は、に從ひ聲。

白川

形聲。聲符は

卜文に見える字の初形は象形。挺立する人の側身形の上に、大きな耳をしるす形で、の初文が、挺立する人の側身形の上に、大きな目をしるすのと同じ構造法。その望み、聞くものは、神の啓示するところを求める意。また卜文の聞字に、口のあたりに手を近附けてゐる形のものがあり、これは「以聞」(天子に奏上すること)をいふ形であらう。のち昏聲の字となる。

、聖の初形は、卜文の聞の初形に、祝詞の器の形であるを加へたもので、みな神の聲を聞く意。

周初の金文の《大盂鼎》に、我聞くに、殷の、命(天命)を墜せるはの聞を䎽の形につくる。その昏は、金文の婚、勳、𨌲の從ふところと同じく爵の形を含む。神意を聞くときに、そのやうな儀禮があつたのかも知れない。[⿰耳昬](補註: 𦖫の偏旁を逆にした字)はその形を存するものであらう。

聞は戰國期に至つて見える後起の字。門は聲符であるが、闇、が廟門において「神の音づれ(訪れ)」を聞く意であることから言へば、廟門において神の聲を聞く意を以て、門に從ふものであるかも知れない。

藤堂

と音符の會意兼形聲。門は、閉ぢて中を隱す門を描いた象形字で、中が良く分からない意を含む。聞は、よく分からないこと、隔たつたことが、耳に入ること。

落合

甲骨文は會意字。などから成り、耳で聞いてゐる人を表した字。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. 聞く。聞かせる。報告がある場合にも用ゐられる。《合集》11485・驗辭三日乙酉、夕、月有食、聞。八月。
  2. 祭祀名。《合集補編》3799貞、烄聞、有從雨。
  3. 人名。第一期(武丁代)。聞子とも呼ばれる。

古文において、耳を意符、を聲符とする形聲の字體である聞が作られた。

漢字多功能字庫

甲骨文はと手に從ひ、耳朶を目立たせた人の形。人が坐り、手で口を覆つて靜かに默し、耳を聳たせ聽く形を象る(于省吾)。一説に、手を耳に附けて聽くさまを象るといふ(李孝定)。本義は聞き知ること、音が聞こえることを表す。一説に人が跪き口を開け手を振り上げるさまを象り、報告を表し、本義は聞報といふ(李圃)。或は手旁に數點を加へる。形義は不明。董作賓は口液の形を象り、手で覆ふのは尊敬を示すとする。また一説に耳に入る音を象るとする(張世超)。按ずるに欠字の構形を見るに、前説が比較的合理的であらう。聞字はあるいは簡單に耳とに從ふ形につくる。

卜辭での用義は次のとほり。

金文の字形は少し變化してをり、主要な三種がある。

小篆に至つてやうやくと耳に從ふ形に改まつた。《汗簡》、《古文四聲韻》の引くところの聞字の古文にと耳に從ふ形があり、金文の省略形である。金文の昏、聞は音が近く相通じ、婚姻の婚は聞につくり、説文解字の婚字上の籀文に同じ。

金文での用義は次のとほり。

屬性

U+805E
JIS: 1-42-25
當用漢字・常用漢字
𦕁
U+26541
U+43BD
U+43B9
𦖫
U+265AB
𥹢
U+25E62
JIS: 2-83-87
U+95FB