誾 - 漢字私註

説文解字

和說而諍也。从聲。
初句の段注に『論語・鄉黨・孔注』侃侃、和樂皃。誾誾、中正皃。先進皇侃亦云爾。按侃侃爲和樂者、謂侃侃卽衎衎之假借也。誾誾爲中正者、謂和悦而諍、柔剛得中也。言居門中。亦有中正之意。といふ。
言部

康煕字典

部・劃數
言部八劃

『唐韻』語巾切『集韻』『正韻』魚巾切『韻會』疑巾切、𠀤音銀。『說文』和悅而諍也。『玉篇』和敬貌。『廣韻』中正之貌。『類篇』語也。『論語〔鄉黨〕』朝與上大夫言、誾誾如也。『後漢・張輔傳』前入侍講、屢有諫正、誾誾惻惻、出於誠心。

又姓。『何氏姓苑』今廣平人。

又與𠀤同。見前言、訔二字註。

又『集韻』魚斤切、音垠。義同。

部・劃數
言部三劃

『玉篇』與同。

又『字彙』訔訔、爭辯貌。『揚子・法言』何後世之訔訔也。《註》謂爭論是非也。一本作誾誾。

又『集韻』山名。

又人名。『宋史・𨻰炤傳』錢訔追贈龍圖閣待制。

異體字

簡体字。

論語・先進

閔子侍側、誾誾如也。子路、行行如也。冉有、子貢、侃侃如也。子樂。「若由也、不得其死然。」

音訓・用義

ギン(漢)
やはらぐ。つつしむ。

誾誾について、白川は和敬のさまとし、『論語・先進』を引く。藤堂は一方に偏らず正當なさま、また穩やかに是非を論ずるさまとし、『論語・鄉黨』を引く。KO字源は和らぎ悦びて諍ふ、一説に和らぎ敬しむ貌とし、『論語・鄉黨』を引く。

解字

白川

の會意。説文解字に字を門聲とするが音が合はず、もとより會意字である。門は廟門。その廟門に祝詞を收める器を置いて神意を伺ふは。言は盟誓して祈る意で、神意を待つことを誾といふ。夜中幽暗のとき、そこに聲を發して神意が示されることがあり、その字は誾。『玉篇』に和敬の皃なりとあり、謹んで神意を待つことをいふ。

藤堂

の會意。

漢字多功能字庫

金文はに從ひ聲。讀んで垠となすと疑はしい。師[某頁]簋才先王既令(命)女(汝)乍(作)𤔲土(徒)、官𤔲汸誾。「汸誾」は讀んで「方垠」となすと疑はしく、王畿四方の境界を表す(參・陳秉新)。『太玄經・爭・次三』爭射齦齦司馬光集註范本齦作誾。の如く、艮聲の字と誾は相通ず。

屬性

U+8ABE
JIS: 2-88-64
U+8A14
JIS: 2-88-53
U+8A1A