𤔌 - 漢字私註

説文解字

𤔌
所依據也。从𠬪。讀與同。
𠬪部

康煕字典

部・劃數
爪部六劃

『玉篇』古文字。註詳阜部十四畫。

音訓

イン 〈『廣韻・去聲・焮・㒚』於靳切〉
かくす。よる。

解字

白川

𠬪の會意。𠬪は上下の手。工は神に仕へるときの呪具。祝詞の器を持つは、呪具の工を持つは

の初文とみてよい。工を以て神を隱す意。

工で神を隱し塞ぐ意の塞は、もと㠭に從ふ字。

今の隠の字は、その最も重要な工を削つてゐる。

藤堂

(手)と(物を示す符號)と⺕(手)の會意で、物を上下の手で覆ひ隱すさま。

屬性

𤔌
U+2450C

関聯字

𤔌聲の字