右 - 漢字私註

説文解字

口部右字條

また𠮢につくる。
助也。从
口部

又部右字條

また𠮢につくる。
手口相助也。从又从口。
註に臣鉉等曰、今俗别作といふ。
又部

康煕字典

部・劃數
口部二劃

『唐韻』于救切『集韻』『韻會』尤救切『正韻』爰救切、𠀤音峟。與通。『說文』助也。『爾雅・釋詁』右、導也、勴也、亮也。『書・益稷』予欲左右有民。《註》左音佐。『太甲』惟尹躬、克左右、厥辟宅師。『詩・大雅』保右命爾、燮伐大商。

又左之對也。『書・禹貢』夾右碣石入于河。『禮・少儀』贊幣自左、詔辭自右。《註》立者尊右。

又上也。『前漢・公孫弘傳』守成上文、遭遇右武。《註》師古曰、右亦上也。又『循吏傳』文翁以爲右職。《註》師古曰、右職、縣中高職也。

又强也。『後漢・明帝紀』無令豪右、得固其利。

又官名。『周禮・夏官』司右、掌羣右之政令。《註》羣右、戎右、齊右、道右也。

又姓。『正字通』漢右公弼、宋右嘉祥、明右巖。又『廣韻』漢複姓、五氏。左傳𡭢樂大心爲右師、其後因官爲氏、漢有中郞右師譚。晉賈華爲右行、因官爲氏、漢有御史中丞右行綽。何氏姓苑有右閭、右扈、右南等氏。

又山名、獸名。『山海經』長右之山有獸、狀如禺而四耳、其名長右。

又與侑通。『周禮・春官・大祝』以享右祭祀。《註》右讀爲侑。勸也。

又『廣韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤云久切、音有。義同。○按『集韻』有上去二音、義實相通。『正韻』於上聲訓左右手、去聲訓右助、二音分二義、非。

又叶以周切、音由。『詩・周頌』我將我享、維羊維牛、維天其右之。○按『唐韻』正音以。今從朱註。

又叶羽軌切、音以。『詩・衞風』泉源在左、淇水在右。女子有行、遠父母兄弟。弟叶滿彼反。『秦風』溯徊從之、道阻且右。溯游從之、宛在水中沚。『宋玉・笛賦』隆崛萬丈、盤石雙起。丹水涌其左、醴泉流其右。○按『唐韻』正云、右古音以歷引經傳子集證之、是直當讀作以、非止叶音矣。

又叶于記切、音異。『詩・小雅』我有嘉賔、中心喜之。鐘鼓旣設、一朝右之。喜叶去聲。

又叶演女切、音與。『陸雲・陸丞相誄』乃幹中軍、入作內輔。公侯陟降、在帝左右。

『說文』本作𠮢、从口从又。『徐鍇曰』言不足以左復手助之。

部・劃數
口部二劃

『說文』本字。

音訓

イウ(漢) ウ(呉)
みぎ。たすける。たふとぶ。すすめる。

解字

初文はを加へて、左右の右、佑助、祐助の意。更にを分化。

白川

の會意。又は右手、口は祝告の器。

右に祝禱の器である口を持ち、左に呪具であるを持つて、神を尋ね、神に接する。それで左右を重ねると尋となり、神に接するとき、颯颯の舞を舞ふ。

右の初文は工、口には從はず、卜辭では神祐を受けることを㞢又をさづけられんかといふ。「㞢又」は「有祐」の意。又は右、の初文で、又をその諸義に用ゐた。

左右は神に仕へる方法であつたが、のち輔佐の意となり、金文には《𤠁鐘》先王其れ嚴として帝の左右に在り、《叔夷鎛》余一人を左右せよのやうに用ゐる。

藤堂

會意兼形聲。に從ひ、又亦聲。又は右手の象形。右は、庇ふやうにして物を持つ手、つまり右手のこと。その手で口を庇ふことを示す。

落合

甲骨文はにつくる。用義は又字條參照。

金文で區別のため手に持つ器物の形のを加へ、右の形となつた。

漢字多功能字庫

右の初文はにつくり、右手の形を象る。金文はを加へ右となつた。

金文では方位詞に用ゐ、と相對す。杜虎符甲兵之符、右在王、左在杜。

左を佐と解くやうに、右もまた輔助のと解ける。成語に所謂「左輔右弼」である。師詢簋尃(輔)右(佑)先王

屬性

U+53F3
JIS: 1-17-6
當用漢字・常用漢字
𠮢
U+20BA2

関聯字

右聲の字