勹 - 漢字私註

説文解字

裹也。象人曲形、有所包裹。凡勹之屬皆从勹。
勹部

康煕字典

部・劃數
部首

『唐韻』『集韻』𠀤布交切、音苞。『說文』裹也。勹、象人曲形、有所包裹。

音訓

ハウ
つつむ

解字

白川

象形。人の側身形を象る。人が身を屈めてゐる形。このままで用ゐる例はない。

藤堂

象形。人が前に物を抱きかかへ、身體を丸く曲げて包んだ姿を描いたもの。また手や膜で物を包んだ姿と考へてもよい。、抱、胞などの原字。

落合

象形。手を前に出して屈んだ人の形を象る。

甲骨文では祭祀名に用ゐる。

後代には字形からの類推で「つつむ」意で用ゐられ、この意味ではが繁文。

屬性

U+52F9
JIS: 1-50-17

関聯字

勹に從ふ字

説文解字・勹部など。