坏 - 漢字私註

説文解字

坏
丘再成者也。一曰瓦未燒。从聲。
十三土部

説文解字注

坏
丘一成者也。一曰瓦未燒。从土不聲。

康煕字典

部・劃數
土部四劃

『廣韻』芳杯切『集韻』『韻會』鋪枚切『正韻』鋪杯切、𠀤音胚。『爾雅・釋山』山再成曰坏、一曰山一成。

又山名。『吳會志』大坏、小坏山在洮湖中、溧陽宜興之界、二山相望、水環若浮、故名。

又陶瓦未燒曰坏。『後漢・崔駰傳』坏冶一陶、羣生得理。

又『集韻』『韻會』『正韻』𠀤蒲枚切、音裴。以土封罅隙也。『禮・月令』仲秋、蟄蟲坏戸。孟冬、使有司坏城郭。

又屋後牆。『淮南子・齊俗訓』魯君欲相顏闔、使人以幣先焉、闔鑿阫而遁。『揚雄・解嘲』作坏。

又神名。『莊子・大宗師』堪坏得之、以襲崑崙。通作阫。

部・劃數
土部五劃

『集韻』攀悲切、音丕。山再成。又貧悲切、音邳。與同。

音訓

ハイ(漢) 〈『廣韻・上平聲・灰・肧』芳杯切〉
をか。ふさぐ。つき。かはらけ。

解字

白川

形聲。聲符は。不は實の胚胎する形で、膨らむ意がある。

『説文解字』に丘の一成なる者(ひと山)なり(段注本)とあり、盛り上がつたところをいふ。一曰瓦未燒。とあり、まだ燒成しない柔らかい土。

本邦では、かはらけのやうな土器をいふ。

藤堂

と音符の會意兼形聲。不は膨れた蕾を描いた象形字。膨れた盛り土や、膨れた土器のこと。が不の異體であるから、坏、培は殆ど同義に用ゐる。

漢字多功能字庫

金文はに從ひ聲。坏は山丘を表す。秦公簋十又二公、才(在)帝之坏は、秦の先公は上帝の居る山丘に在ることを表し、つまり帝の庭、帝の傍らに在るの意(王輝)。

屬性

U+574F
JIS: 1-52-15
U+576F
JIS: 2-4-69

関聯字

坏を壞の簡体字に用ゐる。