日 - 漢字私註

説文解字

日
實也。太陽之精不虧。从。象形。凡日之屬皆从日。
日部
𡆠
古文。象形。
段注に葢象中有烏。武后乃竟作。誤矣。といふ。

康煕字典

部・劃數
部首
古文
𡆸

『唐韻』『正韻』人質切『集韻』『韻會』入質切、𠀤音𦨙。『說文』實也。太陽之精不虧。『博雅』君象也。『釋名』日、實也、光明盛實也。『易・乾卦』與日月合其明。又『繫辭』縣象著明、莫大乎日月。又『說卦』離爲火爲日。『周禮・天官・九𡣕註』日者天之明。『禮・祭義』日出於東。『史記・天官書註』日者、陽精之宗。『前漢・律歷志』日合於天統。『後漢・荀爽傳』在地爲火、在天爲日。『淮南子・天文訓』火氣之精者爲日。

又『書・舜典』協時月正日。《傳》合四時之氣節、月之大小、日之甲乙、使齊一也。又『洪範』五紀、三曰日。《傳》紀一日。《疏》從夜半以至明日夜半、周十二辰爲一日。又『禮・曲禮』外事以剛日、內事以柔日。《疏》十日有五奇五偶、甲丙戊庚壬五奇爲剛、乙丁己辛癸五偶爲柔也。又『郊特牲』郊之祭也、迎長日之至也。《註》迎長日者、建卯而晝夜分、分而日長也。

又『左傳・文七年』日衞不睦。《註》日、往日也。

又『左傳・桓十七年』天子有日官、諸侯有日御。《註》皆典歷數者。

又『史記・日者傳註』卜筮占𠋫時日、通名日者。

又『集韻』而力切、音眲。義同。

又『韻補』叶而至切。『李嵩・述志賦』審機動之至微、思遺餐而忘寐。表略韻於納素、託精誠於白日。

『類篇』唐武后作𡆠

部・劃數
囗部(一劃)

『集韻』入質切。同。『說文』實也。太陽之精不𧇾。从囗一、象形。唐武后作𡆠。

いはゆる則天文字は、正しくは囗を圓形に、の形に作つたといふ。

部・劃數
囗部四劃

『玉篇』古文字。註詳部首。

音訓・用義

ニチ(呉) ジツ(漢) 〈『廣韻・入聲・質・日』人質切〉
ひ。か。ひる(日夜)。ひび(毎日)。

解字

白川

象形。太陽の形に象る。中に小點を加へて、その實體があることを示す。三日月の形に小點を加へてとするのと同じ。

『説文解字』の釋は『釋名・釋天』に日、實也、光明盛實也。月、缺也、滿則缺也。とするのによるもので、音義説。日とと缺は、今の音は遙かに異なるが、古音は近く、本邦の漢字音にはなほその古音が殘されてゐる。

藤堂

象形。太陽の姿を描いたもの。

落合

太陽の象形。中央の點は、太陽に烏がゐるといふ神話を表したものとも、中空ではなく中身があることを示す記號ともいふ。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. 太陽。中日は太陽が南中する時間帶を指す。陽日は穩やかな天候の意。《合集》28569中日往、不雨。
  2. 太陽の神格。入日は沈む太陽、出日は昇る太陽、いづれも祭祀の對象。《殷墟小屯中村南甲骨》212辛未卜、侑于出日。
  3. 日中、晝間。終日、湄日は、ともに一日中の意。《合補》9539・末尾驗辭己巳卜荷貞、王往于日、不遘雨、燕叀吉。允雨不遘。四月。
  4. 日數を數へる助數詞。當日から起算し、現代日本語の「〜日目」にあたる。今日は本日、翌日は次の日ややや近い日附、來日や至日はやや先の日附。之日は主に驗辭で用ゐられ、當該の日附を指す。《合集》7363・後半驗辭己丑卜泳貞、旬…。五日丁巳、子陷死。
  5. 祭祀名。先王に對し行はれる。他の祭祀と組み合はせた彡日、翌日、[劦口]日などもある。《合集》27575日于妣癸、其[⿱乇口]、王受祐。
日有食
日食。あるいは黃砂などで日が隱れることも含まれると考へられる。《合集》11480貞、日有食。
日有戠
戠が食に通じ日食を指すとする説と、戠が色に通じ日の異常な色とする説がある。《合集》33698庚辰貞、日有戠、非禍、惟諾。
鬼日
厄日の意か。
[⿰貝鬼]日
凶事の意。鬼日と同意かもしれない。

太陽以外の物體を日の形で表すこともある。

漢字多功能字庫

太陽を象る。もとは一つの圓形につくるが、圓形は甲骨上に刻みにくく、方形に變へられた。中に點があるのは、と混ざるのを防ぐためである。本義は太陽。

甲骨文での用義は次の如し。

金文での用義は次の如し。

屬性

U+65E5
JIS: 1-38-92
當用漢字・常用漢字
𡆠
U+211A0
𡆸
U+211B8

関聯字

日に從ふ字

説文解字・日部のほか、以下の字など。

日聲の字