巾 - 漢字私註

説文解字

巾
佩巾也。从象糸也。凡巾之屬皆从巾。
巾部

康煕字典

部・劃數
部首

『集韻』『韻會』『正韻』𠀤居銀切、音䘜。『說文』佩巾也。『禮・內則』盥卒授巾。《註》巾以帨手。

又『正韻』蒙首衣也。『玉篇』佩巾、本以拭物、後人著之於頭。『急就篇註』巾者、一幅之巾、所以裹頭也。『揚子・方言』覆結、謂之幘巾。『釋名』巾、謹也。二十成人、士冠庶人巾、當自謹修於四敎也。

又『正韻』羃也。『周語』靜其巾羃。《註》巾羃、所以覆尊彝。

又被巾。『揚子・方言』帍裱謂之被巾。《註》婦人領巾也。

又『類篇』衣也。『周禮・春官』巾車。《註》巾猶衣也。《疏》謂玉金象革衣飾其車、故訓巾猶衣也。

又『正韻』帉也。『說文』楚謂大巾曰𢁥。

又『揚子・方言』蔽厀、魏宋南楚之閒謂之巨巾。

又『急就篇註』巾、一曰裹足之巾、若今裒足布也。

又巾車、官名。『周禮・春官・巾車註』巾車、車官之長。

又『五音集韻』姜螼切、音巹、飾也。

又『集韻』『類篇』𠀤香靳切、音焮。義同。

音訓・用義

キン(漢) 〈『廣韻・上平聲・眞・巾』居銀切〉
きれ。てぬぐひ。
(國訓) はば

本邦では幅の略字として用ゐる。

解字

垂れ下がる布の形に象る。

白川

象形。佩巾の形を象る。腰に帶びる巾で、儀禮の際に用ゐる蔽膝(膝掛)の類。

金文の賜與に、《㸓壺》赤巿幽黃(衞、玉器)、《師兌𣪘》なんぢなんぢの祖の巾(巿)〜を賜ふのやうに、巾を巿の意に用ゐてをり、巾がもと巿(蔽膝)を意味する字であつた。のち巿、芾、黻の字を用ゐ、巾は布巾、衣巾の字として區別されるやうになつた。

『説文解字』に佩巾なりとあり、その佩巾を以て物を拭ふことを㕞といふ。

『玉篇』に本以て物を拭ふ。後人之を頭に著く。とあり、頭巾をいふ。

もと禮裝に用ゐた蔽膝の類が、時代とともに變化して、後には布帛をいふ字となつた。

藤堂

象形。三すぢ垂れ下がつた布きれを描いたもの。布を表す記號に用ゐる。

落合

布の象形。

甲骨文では會意字の要素としてのみ見える。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文は、佩巾の垂れ下がる形を象る。

甲骨文の用義は不詳。

金文は巿の省文で、古代、裳の上に著けた服飾のこと。

屬性

U+5DFE
JIS: 1-22-50
常用漢字(平成22年追加)

関聯字

巾に從ふ字

説文解字・巾部のほか、以下の字など。