其 - 漢字私註

説文解字

𠀠
の重文第一。
古文箕省。
箕部
𠔝
の重文第四。あるいは𠔝につくる。
籒文箕。
段注に依大徐作籒。按經籍通用此字爲語詞。渠之切。或居之切。といふ。

康煕字典

部・劃數
八部六劃

『唐韻』『集韻』『韻會』渠之切『正韻』渠宜切、𠀤音碁。『韻會』指物之辭。『易・繫辭』其旨遠、其辭文。『詩・大雅』其在于今。

又助語辭。『書・西伯戡黎』今王其如台。『詩・周南』灼灼其華。『玉篇』辭也。

又姓。『韻會』漢陽阿侯其石。

又『唐韻』『集韻』『韻會』𠀤居之切、音姬。『韻會』語辭。『書・微子』若之何其。『詩・小雅』夜如何其。

又人名。『史記・酈生傳』酈生食其者、𨻰留高陽人也。《註》正義曰、酈食其、三字三音、讀曆異幾。『前漢・楚元王傳』高祖使審食其留侍太上皇。《註》師古曰、食音異、其音基。

又山名。『前漢・武帝紀』四月、幸不其。《註》其音基、山名。『廣韻』在琅邪。

又地名。『韻會』祝其、卽夾谷也。

又『集韻』『韻會』居吏切。『正韻』吉器切、𠀤音寄。『韻會』語已辭。『詩・檜風』彼其之子。通作記。『禮・表記』引『詩』彼記之子。又通己。『左傳・襄二十七年』引『詩』彼己之子。

『韻會』或作忌。『詩・鄭風』叔善射忌。

第八項、「彼其之子」の出典を『詩・檜風』とするが、見えず、『詩・鄭風・羔裘』に見える。恐らく誤り。また、「通己」は、中國哲學書電子化計劃の康煕字典のテキストでは「通已」とするが、直後の左傳の引用と合はないので修正した。中國哲學書電子化計劃の左傳のテキストも己につくる。

部・劃數
二部二劃

『集韻』古作亓。註詳八部六畫。

又姓。唐亓志紹、宋亓贇、明亓宣、亓驥。

異體字

其、の初文に相當する形。

説文解字のの重文一。

康煕字典は箕の古文に擧げるが、見出しには採らず。

篆文に則した形。

音訓

(1) キ(漢) 〈『廣韻・上平聲・之・其』渠之切〉
(2) キ(漢) 〈『廣韻・上平聲・之・姬』居之切〉
(1) それ。その。

音(2)は句末の助辭に用ゐる。

解字

初形は𠀠で箕の形を象る。の初文。

其字を假借義に用ゐるため、繁文の箕で原義を表す。

白川

象形。箕の形で、の初文。

其を代名詞、副詞に用ゐるに及んで、のち箕がつくられた。

金文には箕を簸揚する形、またに從ふ形がある。

終助詞として、己、記、忌と通用する。

藤堂

象形。甲骨文字は、穀物を載せる四角い箕の形を描いたもの。金文は、その下に臺の形を加へた。

其はの原字だが、その音を借りてやや遠い所の物を指す指示詞に當てた。單獨では主語や客語に用ゐない。

落合

箕の象形。

嚴密には其は金文で兩手の形の、または机の形のを加へた形で、初形は𠀠にあたる。古文までは初文の形も倂用されてゐた。

甲骨文では假借して相對的な未來の時制を表す發語の助辭に用ゐる。

會意字の要素としては原義で使はれてゐる。

漢字多功能字庫

甲骨文は𠀠につくり、箕の形を象り、の初文。甲骨文では虛詞に用ゐ、應該(〜すべき、〜の筈)、假設(假定)などを表す。『詩・衛風・伯兮』其雨其雨は、雨は降らうか、雨は降らうか、の意で、甲骨文今日其雨(《合集》00006)不其雨の用法と同じ。朱熹注其者、冀其將然之辭。

金文は甲骨文を承け、箕の形を象る。後に𠀠の下に一劃を加へ、一劃の下にまた二つの小さい横劃を加へ、小横劃はまた縱劃に變はり、の形となり、箕を卓上に置くさまを象る。丌は其の聲符である。

金文の異體に、丮やを加へるものがある。

金文での用法は次のとほり。

屬性

U+5176
JIS: 1-34-22
人名用漢字
U+4E93
𠀠
U+20020
𠔝
U+2051D

関聯字

其に從ふ字

其聲の字