壹 - 漢字私註

説文解字

あるいは𡔹𡕍につくる。
專壹也。从吉聲。凡壹之屬皆从壹。
説文解字注は初句を嫥𡔹也。とする。
壹部

康煕字典

部・劃數
士部九劃
古文
𡔾
𡕋
𡕍

『廣韻』於悉切『集韻』『韻會』『正韻』益悉切、𠀤音一。專一也。『孟子』志壹則動氣、氣壹則動志。『左傳・昭二十年』若琴瑟之專壹、誰能聽之。

又合也。『前漢・董仲舒傳』有所統壹、爲羣儒首。又『元后傳』莽旣外壹羣臣、令稱己功德。

又誠也、醇也。『禮・緇衣』從容有常、以齊其民、則民德壹。『史記・曹參世家』載其淸淨、民以寧壹。

又『增韻』閉塞也。『管子・形勢篇』臣下賦斂競得、使民偸壹。」」

又與同。『周禮・天官』公之士壹命。

又姓。漢壹元。見『印藪』。又三字姓。後魏壹斗眷氏。

又『類編』於眞切、音慇。與絪氤𠀤通。

部・劃數
士部十三劃

『字彙補』古文字。見『字略』。註詳九畫。

部・劃數
士部十三劃

『字彙補』古文字。見『字略』。註詳九畫。

部・劃數
士部十六劃

『字彙補』古文字。見『韻會小補』。註詳九畫。

部・劃數
士部十七劃

『字彙補』古文字。註詳九畫。

篆文を忠實に再現した形。

異體字

説文解字注は𡔹につくり、壹を俗とする。

康煕字典は見出しに採つてゐないが、氤字條に『魏元丕𥓓』作𡔹縕。義𠀤同。とし、氤氳を𡔹縕につくる例を擧げる。

いはゆる新字体。

音訓

イチ(呉) イツ(漢) 〈『廣韻・入聲・質・一』於悉切〉
ひとつ。ひとたび。はじめ。もつぱら。ひとへに。あはせる。まこと。あつい。とぢる。ふさぐ。

解字

白川

象形。壺中のものが醱酵して、その氣が中に滿ちる狀態を示す。

説文解字に吉聲とするが、字の初形は吉に從はず、壺中に物のある形。

《詛楚文》には𥁕の形に從ひ、氤氳(氣が立ち籠める)の象で、壺中に氤氳の氣が滿ちることをいふ。

藤堂

會意兼形聲。と吉に從ひ吉亦聲。吉は結と同系、口を固く締めた意を含む。壹は、口を結んで締め、中に一杯詰めた壺。

漢字多功能字庫

金文はに從ひ聲。戰國の商鞅量に見え、小篆と構形が同じ。商承祚は小篆の壺に從ひ吉聲の壹字は晚周の道家の字で、吉の別構、壹貮の壹は借字であるとする。

戰國中晩期の秦の文字の壹は壺と同じ形。《睡虎地秦簡・秦律十八律》駕縣馬勞、又益壺(壹)禾之。馬匹の勞が累なれば、また加へて一度餌を遣る、の意。壹字は壺と書かれてゐる。何琳儀は古文字の壹と壺は一つの字の分化したものであるとする。壹と壺は音義に關係がなく、二字の外形が似てゐるので代用したとする説もある。

金文では統一を表す。商鞅量灋(法)度量、則不壹、歉疑者、皆明壹之。典籍ではにつくる。『史記・秦始皇本紀』一法度衡石丈尺、車同軌、書同文字。

屬性

U+58F9
JIS: 1-52-69
U+58F1
JIS: 1-16-77
當用漢字・常用漢字
𡔹
U+21539
U+5901
𡔾
U+2153E
𡕋
U+2154B
𡕍
U+2154D

関聯字

壹を一の大字に用ゐる。