多言數窮

概要

當サイトは、oZ/acyが勝手氣儘に關心のある事柄について言及したり、纏めてみたりするサイトである。

穴拔け日記 (29.4.22)

皇室事項

3日、神武天皇祭皇靈殿の儀。皇靈殿御神樂の儀。

5日午前9時21分、於皇居、スペイン國王王妃兩陛下の歡迎行事。

兩陛下には、5日午前9時38分、於宮中、スペイン國王王妃兩陛下と御會見。

兩陛下には、5日午後7時4分、スペイン國王王妃兩陛下のため、宮中晩餐をお催しになつた。

皇后宮には、6日、「花森安治の仕事―デザインする手、編輯長の眼」を御覽のため、世田谷美術館(世田谷區)へ行啓。

7日午前9時56分御出門、スペイン國王王妃兩陛下を御案内のため、靜岡市へ行幸啓。午後5時13分還幸啓。

8日午後3時10分御出門、「日本フィルハーモニー交響樂團特別演奏會〜炎のマエストロ、77歳の軌跡! 小林研一郎BIRTHDAY CONCERT」を御鑑賞のため、東京オペラシティコンサートホール(新宿區)へ行幸啓。同5時8分還幸啓。

兩陛下には、9日、マレーシア御訪問につき、東宮から御挨拶を受けられた。

兩陛下には、9日、學習院女子高等科御入學につき、敬宮から御挨拶を受けられた。

10日午後6時15分、於宮中、最高裁判所判事林景一、高等裁判所長官秋吉淳一郎、特命全權大使(命コスタリカ駐箚)伊藤嘉章及び同(命チェコ駐箚)嶋﨑郁の認證官任命式。

11日午前10時30分、於宮中、新任本邦駐在ラオス特命全權大使ヴィロード・スンダーラーの信任狀捧呈式。

11日午前11時、於宮中、新任本法駐在濠州特命全權大使リチャード・フェアフォックス・コートの信任狀捧呈式。

兩陛下には、12日、フィンランド、スイス、イエメンの新任駐日大使夫妻をお茶に招かれた。

兩陛下には、12日、日米協會會長藤崎一郎から、同協會創立100周年記念式典及びレセプション御臨席につき、御説明を受けられた。

兩陛下には、13日、駐リトアニア、駐スリランカ兼モルディブ、駐イラク大使夫妻から歸朝報告を受けられた。

13日、首相内奏。

13日午後6時3分御出門、日米協會創立100周年記念式典及びレセプションに御臨席のため、帝國ホテル東京(千代田區)へ行幸啓。同7時51分還幸啓。

14日午前10時30分、於宮中、新任本邦駐在エクアドル特命全權大使ハイメ・アウグスト・バルベリス・マルティネスの信任狀捧呈式。

14日午前11時、於宮中、新任本邦駐在モルディブ特命全權大使モハメド・フセイン・シャリーフの信任狀捧呈式。

14日、於生物學研究所、水稻のお手播き。

兩陛下には、14日、上智大名譽教授磯見辰典、名大名譽教授佐藤彰一、日本ベルギー學會會長北原和夫、ヴァイオリニスト堀米ゆず子、ベルギー王立美術館公認解説者森耕治、ヴァイオリニスト戸田弥生をお茶に召された。

兩陛下には、17日、國際科學技術財團理事長矢﨑義雄ほかから、第33回日本國際賞受賞者の業績について、御説明を受けられた。

兩陛下には、17日、越南御訪問盡力者を茶會に召された。

17日午後6時50分、於宮中、特命全權大使(命マケドニア駐箚)羽田恵子、同(命アルバニア駐箚)伊藤眞、同(命ブルキナファソ駐箚)池﨑保、同(命ジンバブエ駐箚)岩藤俊幸及び檢事長(補札幌高檢檢事長)上野友慈の認證官任命式。

兩陛下には、18日、式部官長から園遊會について御説明を受けられた。

兩陛下には、18日、スウェーデン王太子殿下と御晝餐。

18日、於生物學研究所、水稻のお手播き。

主上には、19日、マケドニア、アルバニア、コスタリカに赴任する大使に賜謁、引き續き、兩陛下には、各大使夫妻をお茶にお召し。

兩陛下には、19日、マレーシア御訪問から御歸國につき、東宮から御挨拶を受けられた。

19日午後3時8分御出門、2017年(第33回)日本國際賞授賞式に御臨席のため、國立劇場(千代田區)へ行幸啓、同5時13分還幸啓、同6時32分御出門、同祝宴に御臨席のため、ホテルニューオータニ東京(同區)へ行幸啓、同9時8分還幸啓。

20日、於赤坂御苑、園遊會。

21日、首相内奏。

兩陛下には、21日、理研理事長松本紘から、理研創立100周年記念式典御臨席につき、御説明を受けられた。

穴拔け日記 (29.4.3)

曆日天候地象

神武天皇祭。

皇室事項

3月13日、國土交通事務次官武藤浩から御進講。

兩陛下には、3月13日、警察廳長官表彰の全國優秀警察職員に賜謁。

兩陛下には、3月13日、厚生勞働大臣表彰の醫療功勞賞受賞者に賜謁。

皇后宮には、3月13日午後8時20分御出門、プラシド・ドミンゴ & ルネ・フレミング プレミアム コンサート イン ジャパン2017を御鑑賞のため、東京國際フォーラム(千代田區)へ行啓、同10時6分還啓。

3月14日、オマーン諮問議會議長を御引見。

3月14日、サウジアラビア國王の公式實務訪問につき、駐サウジアラビア大使奥田紀宏から御説明を受けられた。

3月14日、二聖モスクの守護者サウジアラビア國王と御晝餐。

3月14日午後7時25分、於宮中、檢事長(補高松高檢檢事長)稲川龍也、最高裁判所判事戸倉三郎、高等裁判所長官(命東京高裁長官)深山卓也、特命全權大使(命モザンビーク駐箚)池田敏雄、同(命サモア駐箚)青木伸也、同(命ベルギー駐箚)林肇及び同(命セネガル駐箚)大森茂の認證官任命式。

兩陛下には、3月16日、コロンビア、ニュージーランド、アルバニアの新任駐日大使をお茶に招かれた。

兩陛下には、3月17日、離任する駐日ペルー大使夫妻を御引見。

3月17日、最高裁長官はじめ最高裁判事、高裁長官らを午餐にお召し。

兩陛下には、3月17日、水産廳長官佐藤一雄から、鰻養殖をめぐる現狀について御説明を受けられた。

3月20日、春季皇靈祭の儀。春季神殿祭の儀。

3月22日、外務省綜合外交政策局長石兼公博から御進講。皇后宮にも同。

兩陛下には、3月22日、學習院女子中等科御卒業につき、敬宮から御挨拶を受けられた。

皇后宮には、3月22日、桃華樂堂に於いて行はれた音樂大學卒業生演奏會に御臨席。

兩陛下には、3月23日、離任する駐日パプアニューギニア大使夫妻を御引見。

兩陛下には、3月24日、須崎御用邸に入られた。

兩陛下には、3月25日、水産研究・教育機構増養殖研究所南伊豆廳舍を御視察。

兩陛下には、3月27日、東京にお戻りになつた。

3月29日午前10時5分御出門、謁せらるため武藏野陵竝びに武藏野東陵へ、引き續き、「田部井淳子・思い出の展示會〜七十七年の軌跡〜」を御覽のため、モリパークアウトドアヴィレッジ(昭島市)へ行幸啓。午後4時12分還幸啓。

兩陛下には、3月31日、スペイン國王王妃兩陛下來日の日程及び行事について、外務省儀典長杉山明から御説明を受けられた。

兩陛下には、3月31日、駐西大使水上正史から、スペイン情勢及び國王王妃兩陛下來日について、御説明を受けられた。

3月31日、神武天皇祭山稜に奉幣の儀の勅使差遣につき、掌典羽倉信夫に賜謁。

兩陛下には、3月31日、東宮のマレーシア御訪問首席隨員に賜謁。

穴拔け日記 (29.2.28)

皇室事項

兩陛下には、1月23日、農林水産祭天皇杯受賞者に賜謁、業績を御覽。

1月30日の孝明天皇例祭の儀は主上微熱あるにつき掌典次長が代拜。

1月30日、故三笠宮權舍百日祭、墓所百日祭に當たり、勅使、皇后宮使に賜謁。

兩陛下には、1月30日から2月3日まで、葉山御用邸に御滯在。

3日、勅使、皇后宮使から復命報告。

6日午後7時10分、於宮中、最高裁判所判事山口厚、高等裁判所長官(命福岡高裁長官)小林昭彦、特命全權大使(命OECD日本政府代表部在勤)大江博、同(命アゼルバイジャン駐箚)香取照幸及び同(命國聯日本政府代表部在勤)川村泰久の認證官任命式。

兩陛下には、7日、アイスランド、イスラエル、ラトビアの駐日大使夫妻と午餐。

兩陛下には、8日、タンザニア、韓國、コソボの新任駐日大使夫妻とお茶。

兩陛下には、9日、故三笠宮の墓所に御拜禮。

兩陛下には、9日、人事院總裁賞受賞者を御接見。

兩陛下には、10日、越南御訪問につき、早大教授白川昌也から御説明を受けられた。

兩陛下には、10日、タイ御訪問につき、駐タイ大使佐渡島志郞を晝餐にお召し。

兩陛下には、10日、越南御訪問につき、防衞省防衞研究所戰史硏究センター長庄司潤一郎から御説明を受けられた。

11日、三殿に出御、御拜。

13日、離任する駐日ボスニア・ヘルツェゴビナ大使を御引見。

13日午前11時54分御出門、國立劇場開場50周年記念 平成29年2月文樂公演 《近松名作集》第一部「平家女護島」鬼界が島の段を御鑑賞のため、國立劇場(千代田區)へ行幸啓。午後1時35分還幸啓。

兩陛下には、14日、越南御訪問隨員らに賜謁。

皇后宮には、14日、日赤社長近衞忠煇、同副社長大塚義治から、昨年一年間の活動狀況について御報告を受けられた。引き續き、兩陛下には、兩名を晝餐にお召し。

兩陛下には、14日、新舊警視廳警衞課長に賜謁。

15日、神宮記念祭勅使差遣につき、掌典北島清仁に賜謁。

兩陛下には、15日、故高松宮三十年式年に當たり、故高松宮墓所に御參拜。

娯樂系感想等: この素晴らしい世界に祝福を! 2 BD#2

第3話第4話を收錄。特典は、複製臺本、コメンタリ、ノンクレジットEDなど。

第3話キャストコメンタリは、福島潤と雨宮天。何といふか、アクアの裏側的な話が多めだつた印象。

第4話キャラクターコメンタリは、カズマとダクネス。ダクネスが延々弄られつつも、ダクネスなのでまるで可哀相な氣がしないといふ鹽梅。第4話の内容も相俟つて、本當、ダクネスの底知れなさを思ひ知らされた氣がする。

娯樂系感想等: 亜人ちゃんは語りたい(TVA) #12

最終回。サーヴィス回、と言ふには色々控へ目だつた氣がするが、サーヴィスするやうな作風でもなかつたからねえw

秀逸だと思つたのは、最後の締め方。良い話だつたなあで終らず、ひかりのぐうたらな一面やら高橋との關係性やらが上手く纏まつてゐたのではないかと思ふ。その直前、色々氣の遣へる子よなあ、と思はせておいてから落としたのも、なかなか效果的であつた。

ひかりと比べると、京子は良い子の印象が強く、雪は語る餘地が色々と殘つてゐるやうに見える。今後、更なる掘り下げによつて、また別の一面が見られたりするのかしら。期待したい所である。

娯樂系感想等: この素晴らしい世界に祝福を! 2 BD#1

第1話第2話を收錄。特典は、複製臺本、コメンタリ、ノンクレジットOP、ゲームなど。

第1話キャストコメンタリは、雨宮天、高橋李依、茅野愛衣。熱量が物凄かつたといふ印象。

第2話キャラクターコメンタリは、めぐみんとゆんゆんの紅魔族コンビ。ゆんゆんはここでも可哀相な感じをしつかりと出してゐたが、本當、どこを間違へてかうなつてしまつたのやら、彼女の根底にあるものが氣に掛かる。

ゲームの感想はまたそのうち。アクションゲームが得意ではないので、感想書けるほど遊べるかも分からんのだが。